吉岡斉(事故調委員)に聞く「原発再稼動わたしはこう思う」-報道ステーション
原発の再稼働問題。
ぼくは、九州大学の副学長・吉岡斉さんのご意見に賛成ですね。

今の条件では反対ですね。
失敗(原発事故)の総括を十分にやらないと
そもそも再開とかそういう資格はない。
保安院も経産省も安全委員会も
あるいは官邸も安全を確保できなかった。
全部失敗しているわけだから
官邸が保証して野田さんが保証しても
何の救いにもならない。
能力がないのに
安全だと言ってもらっては困る。

原発の事故というのは非常に広域に及んで
コストも甚大で全国民が負担しなければいけない。
そういう受け入れの決定を安易に
自治体がしていいのかと。
国民全体を悲劇にするような決断なんだ
ということを十分に理解したうえで
受け入れるかどうかというのを
決めて頂きたいし
それでもし何か起これば
その市町村は無くなるでしょう。

原子力安全・保安院を解体して
新しい規制当局を作って
その下で安全基準を全面的に見直して
比較的安全度の高いと見積もられる
ものについては再稼働を認める。
石油火力を燃やすよりは
ずっと経済性が良い。
節約されるお金と背負う危険という
これを秤(はかり)にかけた場合
しばらく10年か20年は
動かして認めた方がよりメリットがある。
そういう勘定が成り立つと思う。

一番重要なことは責任の所在を明確にする。
電力会社がすべての責任を負うと。
今まで(国は)補助金とか
保護してきたが全部中止です。
その上で地元の理解を得たいなら
電力会社が高い金を自分で支払いなさいと。
事故が起きたら損害賠償法は
廃止しますから
全部自分で払いなさい
それでいいならおやりなさいという。
自由主義のもとでは原発は成り立たないと
いうのが私の意見だし
原発は国家による手厚い保護によって
守られてきたという
そういう素姓の悪い公共事業みたいな
ものですから
全部その国家の保護を無くせば
おのずとやるやつはいなくなるだろうと思います。


人気ブログランキングへ
■  [PR]
# by asatte_no_houkou | 2012-03-25 00:45 | 政治・経済に一言
2012年2月に起こったニュースで気になったもの5つ
2012年2月に起こったニュース5つについて、Wタコちゃんが話をしているよ。

大飯原発ストレステスト

大飯原発3、4号機のストレステストの第一次評価が行われたね。「妥当」とする審査書が提出された。「大飯原発は安全だ」というお墨付きを与えたわけだね。


どこがお墨付きを与えたの?


保安院だよ。


え?今まで原発推進官庁の経産省と一体となって安全神話を流してきた保安院?


そうだよ。


悪い冗談というしかないね(笑)


専門家を招いて意見聴取会が行われたんだけど形骸化されたものだった。セレモニーみたいなもん。


反対意見みたいなものはなかったの?


いや、何人かの専門家から鋭い質問が投げかけられたよ。ところが梨のつぶて。保安院は質問にまともに答えようとしないんだ。


はあ?それで「妥当」と判断しちゃったわけ?


うん。例えば、津波を避けるために非常用電源を高台に移そうとしているんだけど、となると地震で配電が切断される危険が生じるよね。その点について質問が出た。


ほう。まあ、当然、切断してしまうんじゃないかと心配になるよね。


ところがだよ。保安院は答えないんだ。黙ったまま。


は?こんなんで「妥当」と言われても信頼できないよね。


要するに私たち国民は保安院になめられてるんだよ。「国民なんてバカだから簡単に情報操作できるよ」ってね。


ひどい話だね。


休眠口座


休眠口座って知ってる?


ああ、長らくお金の出し入れがなくて預金者との連絡も取れない口座のことだね。


うん、そう。10年以上ほったらかしの口座のこと。休眠口座に預金されているお金のことを休眠預金って言う。


なるほど。


この前、政府は「この休眠口座を社会のために活用しようよ」って提案したんだ。


え?!勝手に個人のお金を活用しちゃうの? そりゃダメだよ。泥棒じゃないか!


でも今でも休眠預金は銀行の収入になっているんだよ。銀行の懐に入っているんだ。


え?そうなの? 知らなかった。


銀行は「いつ来ていただいてもお返ししますよ」って言ってるけど、現実には取りに来る人はほとんどいない。銀行が丸儲けしてるんだ。


なるほど、それだったら社会のために活用すべきだね。銀行に儲けさせる必要はないもんね。


政府はベンチャー企業やNPOの支援に活用しようと考えているようなんだ。


いいね。


価値観が多様化した今の社会では個人のニーズも多種多様になるけど、行政がそれにきめ細かに対応するのは難しい。しかも行政は時間が掛かかるよね。だから企業やNPOに社会貢献的な活動をしてもらう必要がある。


なるほど、そのための資金として休眠口座のお金を活用しようというわけだね。いいね!


事実上のインフレ目標


ようやくインフレ目標の導入を日銀が決めたね。良かった、良かった。


ちょ、ちょっと待ってよ。あんなのインフレ目標とは言わないよ。「事実上の」ってところを読み飛ばしちゃダメだよ。似て非なるものなんだから。


え?そうなの?


本来のインフレ目標とは、何らかの法律を定めて政府が目標を決め、その達成について中央銀行が責任を持つものをいうんだ。今回の「事実上の」インフレ目標は政府が目標を定めたわけではないし、日銀が責任を持つわけでもない。達成時期もよくわからん。あんなんじゃダメだよ。


あら、そうなんだ。まったく効果がないの?


いや、まったく効果がないとまでは言わない。実際、円安になったし株価が上がった。でも十分じゃないよね。


今回、日銀は1%という目標を定めたよね?これでは足りないという議論があるよね?


うん、そう、足りないと思う。2%にすべきだと思う。それと注意しなくちゃいけないことがある。それは日銀は「目途」という言葉を使っている点。


どういうこと?


簡単に言えば「1%を達成できなくても責任を負いませんよ」と言うわけ。あくまで「目途」にすぎないからね。


官僚の特性である責任逃れ?


そのとおり。「目途」ではなく、イギリスの中央銀行みたいに「ターゲット」という表現を用いて、設定した物価水準について日銀が責任を持つようにすべきだと思うよ。


なるほど。


エルピーダメモリ破綻


エルピーダメモリが破綻したね。驚いたよ。


まぁ、でも早晩、破綻すると思ってたよ。この円高じゃ新興国に勝てないもん。


品質的なそれほど変わらないんだったら、安い価格の半導体を使うのは当たり前だよね。日本の企業は円高で3割ぐらいのハンディを背負っていると言われているから仕方がない。円高が致命的になっちゃった。


製造業が日本のお家芸と言われていたことからすると残念だね。


うん、そうだけど、グローバル化した現在ではそんな状態が長く続くわけがない。新興国が必ず追いついてくるよ。


まぁ、そうだね。人件費などのコストを考えても新興国のほうが有利だしね。


日本としてはこれから産業構造を転換しないとダメだよ。いつまでも過去の産業領域に固執していてはダメ。改革しなきゃ。


経済界は反対するだろうね。経済界の意を受けた政治家や官僚も。


うん、だからまずはインフレターゲットを導入してデフレ脱却、円安誘導をし、民間企業が新しい産業領域にチャレンジしやすい環境を作る必要があると思うよ。


アップルみたいな新しい価値を発信できる企業が日本にも欲しいね。


沖縄防衛局長「有権者リスト」「講話」


沖縄防衛局長が職員に「講話」をしていたことが問題になったね。


防衛局長が職員に対して特定の候補者に投票するように促していたのではないかという問題だね。自衛隊員に求められている政治的中立性に反しているのではないかと。


でも結局、「特定候補への投票を促したのではなく選挙に行くように促しただけ」と、うやむやになっちゃった。


これってさぁ、普通、特定候補者に投票するよう職員に促したい場合、直接、「○○候補に投票しろ」って言うわけないよね。そんなのバカじゃん。


うん、そうだね。何となく社会的文脈を示唆しながらうまく職員に意図を伝えようとするよ。その場にいた人が「防衛局長さんは○○候補に投票を促す意図で話をしているんだろうな」と感じるような。


例えばさぁ、恐喝のプロは「俺の言うとおりしないと、家に火をつけるぞ!」みたいに直接的な言葉を使わないよ。「出火お見舞い申し上げます」みたいな言葉を使って脅す。これと同じことだよ。


現場にいた人がどう感じたのか調べる必要があるよね。


この問題にはもう一つ問題点があるよね。それは宜野湾市在住の有権者を親族に持つ職員を抽出して親族の情報を収集していたという問題だね。


うん、これは明らかに個人情報の目的外利用だ。個人情報保護法に違反している。


百歩譲って、宜野湾市在住の職員の情報を集めたことは目的内の利用といえるかもしれない。具体的には防衛設置法33条の「教育訓練」という目的の範囲内ね。でも親族の情報はどう考えても目的外の利用だ。


でも、結局、うやむやになってる。なんなのこれ?(笑)


人気ブログランキングへ
■  [PR]
# by asatte_no_houkou | 2012-03-08 23:49 | ニュースまとめ
2012年1月に起こったニュースで気になったもの5つ
2012年1月に起こったニュース5つについて、Wタコちゃんが話をしているよ。

・北の湖親方、理事長に


日本相撲協会ってさ、公益財団法人になりたいんだよね。


そうだよ。


なんで公益財団法人になりたいわけ?


公益法人になると税制上の優遇を受けられたり社会的信頼を得られたりするからだね。


へぇ、そりゃ、いいね。


公益法人になったからといって良いことばかりじゃないよ。内部統制やら情報開示やらの徹底が要求されることになる。


優遇を受けられる代わりに様々な責務を負うんだね。


きっちりしたシステムで業務を行わなければならなくなったり、おカネの流れをガラス張りにしなければならなかったり。なので、今までのように、密室の中でどんぶり勘定、なんてことができなくなる。


「ごっつあんです」は通用しなくなるわけだね。


まあ、そうだね。たとえば、年寄名跡の改革などが必要となってくるだろうね。これって大変な改革だよ。そこで理事長が誰になるかが注目されたわけなんだ。


で、誰が理事長になったの?



北の湖親方が理事長になった。


ああ、あのいつもふてくされた顔をしたあの人?


うん、そう。角界が「閉鎖体質」といわれた時代に理事長だった人だよ。


なんじゃそりゃ!大丈夫なの?


ちょっと疑問だね。北の湖って安倍某や森某といった政治家と人脈があるみたいなんだ。「相撲協会は政治家との人脈を使って改革なしに公益財団法人に移行しようと考えてるんじゃないか」との見方があるんだけど、どうなんだろうね。


・アメリカ、インターネット規制法案


今、アメリカ議会では、インターネット上で著作権侵害をしたサイトを取り締まる法案(オンライン海賊行為防止法案SOPAと知的財産保護法案PIPA)が審議されてるんだよね。


ウィキペデアが抗議のため一部閲覧不能にしたことで日本でも話題になったね。


ツイッターとかフェイスブックなど有名なネット企業がこぞって反対してるよ。


この法律の問題点って何だろう?


簡単にいえば、あまりに規制が広範であるという点だね。たとえば、あるツイッター利用者が、著作権を侵害しているサイトにリンクを貼ったとする。「このサイト面白いよ」とつぶやいちゃった。すると、これだけでツイッター全部が公権力の手によってアクセス不能とされてしまうんだ。すごいでしょ。


何でそんな法律が制定されようとしているの?


テレビや映画といったいわゆる旧メディアが議会に圧力をかけたからだと言われてる。「ネットの影響力が強くなったら俺たちの商売あがったりじゃねえか」というわけ。


要するに旧メディアの既得権益問題というわけ?


うん、そういうこと。これはアメリカの話だけど、ネットでは国境はあんまり関係がないから日本にも当然影響するだろうね。日本人も注視するべき問題といえるね。


・貿易赤字とFRBインフレ目標


貿易収支が31年ぶりに赤字になってしまった。


輸出額が輸入額を下回ったわけだね。


まあ、国全体の国際取引の状況を示す経常収支が黒字であることを考えるとそれほど心配するほどではないのかもしれないけど、対策を考えなければならんよね。


赤字になった理由はなんだろう?


いろいろあるだろうけど(震災の影響とか)、最も大きな理由は円高だろうね。早く円高を食い止めなきゃなんないよ。


どうすりゃいいの?


インフレターゲットの導入だと思う。一定の物価上昇率の目標達成を日銀に義務付けて、目標達成まで金融政策を実行させる。


そういえば、FRBが2%のインフレターゲットの導入を決めたよね。


うん、そうだね。日本銀行はFRBを見習ってほしいよ。だってヨーロッパだってインフレターゲットを導入してんだよ。


何で日本だけやらないの?


一つは前例踏襲主義に呪縛されているという点が挙げられるだろうね。過去を否定したくないんだ。過去を否定するということはつまり自分や先輩がやってきたことを否定することになるからね。


それって官僚の特性だよね。


あと考えられるのが 目標達成を義務付けられるのが嫌だという点。 達成できなかった場合の責任を取りたくないんだ。

・議事録未作成問題


公文書管理法ってのが、最近制定され施行されたよね。



今まで存在しなかったってのは驚きだよね。


公文書の管理って、情報公開とあわせて国民の知る権利を担保するものとして、民主主義国家では当たり前のことだよ。それが今まで法的制度として整備されてこなかっただなんて・・・。


日本ってホントに民主主義国家なんすか?


公文書管理法では、重要会議の決定やその経緯についての文書作成が義務付けられている。


どのような経緯で決定がなされたかを文書にして残しておくことは、子々孫々に対する我々の責務といってもいいよね。


そのとおり。なのに、東日本大震災に関する政府の重要会議の議事録が作成されてなかった。


話にならないよね。アホばっかり。


・アメリカ共和党、大統領候補


どうやらロムニー氏が共和党の大統領候補になりそうだね。


他の候補から「私利私欲に満ちた汚い資本家」とのレッテルを貼られちゃった。アメリカはネガティブキャンペーンが物凄いからね。


けど、共和党の中では割と穏健派のようで、「オバマに勝てるのはロムニーしかいない」と言われているようだね。


そうなんだけど、ただ、穏健派といっても、オバマ大統領が成立させた医療制度改革法を廃止する意向を示しているので、民主党からすると保守的といえる。


アメリカで言う「保守的」というのは日本で言うそれとは違って、リバタリアニズム(自由至上主義)のことなんだよね。「連邦政府は我々の生活に口出しするな!俺たちのことは俺たちでやるぜ!」ということ。


ドラマ「大草原の小さな家」みたいなイメージだね。


アメリカの場合、家族だったり教会だったりNPOだったりがしっかりしていて相互扶助の機能を備えているのでそれでもやっていけるという特殊性・・・、というか伝統があるんだ。


アメリカみたいな伝統のない日本では、リバタリアニズムは成り立たないだろうね。


人気ブログランキングへ
■  [PR]
# by asatte_no_houkou | 2012-02-05 02:16 | ニュースまとめ
NHK「シリーズ原発危機 安全神話~当事者が語る事故の深層」を観た。
NHK「シリーズ原発危機 安全神話~当事者が語る事故の深層」を観た。
原発の安全審査指針の策定、改訂に関わった官僚、専門家、電力会社へのインタビューを通じて、「安全神話」の背景には何があったのかを探る番組である。
電力会社に安全対策を丸投げする当事の政権、経営上の事情を優先させる電力会社・・・
当事者の無責任な体質が浮き彫りになる。

番組キャスターが番組の最後に語った言葉が印象に残った。

 私たちが取材した人たちの多くが今回の事故について反省の弁を述べていました。その一方でなお、「最悪の事態には至っていない」とか「これほどの事故はもう起きない」などと、事態を小さく捉えようとしていたこともまた事実です。リスクに向き合おうとしない体質は依然変わっていないのではないか、それが私たち取材班の実感です。

 しかし、原発のリスクに向き合ってこなかったのは、果たして国や電力会社だけだったのでしょうか。事故が起きてからしかその問題点を指摘することができなかった私たちメディアも、原発の安全神話に囚われていたことは否定できません。

 問題に気付きながらそれを曖昧にし、時にはなかったことにしてしまう、これを日本社会の特徴だと片づけてしまってはいけないと思います。原発の安全は地域社会の存立、そして人の命にかかわる問題だからです。

 今回の事故で、原発に絶対の安全はないということが明らかになりました。福島第一原発が廃炉になるまでに30年以上かかると言われています。私たちはこれからも長い間原発のリスクに向き合わねばならないことを忘れてはいけないと思います。


人気ブログランキングへ
■  [PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-12-07 03:37 | 社会の時間
2011年11月に起こったニュースで気になったもの8つ
2011年(平成23年)11月に起こったニュースで気になったもの8つを選んでツッコミを入れました。

・オリンパス粉飾決算
バブル期の財テク失敗などで生じた損失を隠すためにオリンパスは不当な会計処理を繰り返していたことが明らかになりました。巧妙な手口であったため外部の者には認識が困難であったようです。ウッドフォード氏のような日本人的な行動様式を持たない人が社長になっていなかったら明るみになっていなかったでしょうね。今回の一件で日本企業のほとんどがインチキをしているのではないかとの印象を外国人投資家などに持たれてしまいました。今後、日本企業への投資が少なくなり、資金調達が難しくなるのではないかと危惧されます。このようなことが二度と起きないようにするため不正に関わった経営陣に重罰を加える必要があると同時に、会社ガバナンス強化に向けた会社法改正が必要になってくるでしょうね。 

・大王製紙前会長による巨額借り入れ事件
オリンパスの粉飾決算の場合もそうですが、監査法人は何をしていたんでしょうね。社会科学者の小室直樹先生は「公認会計士は泥棒に雇われた裁判官だ」と指摘されておられました。監査法人だけではありません。監査役、取締役会は何をしていたんでしょうか。会社法改正によりガバナンスは強化されました。ところがまったく機能していなかったようです。会社というのは利潤を追求し株主に利益を分配する機能体(機能集団)です。ところが日本社会では、会社は、組織そのものの維持を目的とした共同体になってしまいがちです。それゆえ内部の不正が外部に明るみになりにくいという面があります。今後、大会社での社外取締役選定の義務化などの会社法改正が必要になってくると思います。

・TPP交渉参加表明
TPPについては様々な問題点が指摘されていますね。その一つがISD条項です。宮崎哲弥氏曰く「(I)インチキな(S)訴訟で(D)大打撃」条項。司法制度の整備されていない国との経済協定であれば意味のある条項なのでしょう。自国の権利・利益を司法的に担保しなければなりませんから。しかし、司法制度が整備された先進国同士とりわけアメリカとの間の協定であれば有害の条項となるといわれています。結局のところ、多大な影響力があるアメリカの要求が結局は通ってしまいますからね。TPP推進派は「TPPに加入すると国際競争力が強くなり経済成長につながる」と言っています。しかし、1年に増えるGDPはわずか2700億円だけにすぎません。一方で農家への所得保障としてGDP増加額以上の納税者負担が検討されているようです。TPPに加入すると、結局、一般市民は損をすることになりそうです。

・高速増殖炉もんじゅ
どう考えても、こんな役に立たないものはやめるべきです。だって今までほとんど稼動していてないわけですし、今後もめどが立っていません。しかも世界のどの国でも成功していません。こんなものに金をつぎ込むのだったら再生可能エネルギーの技術向上に金をつぎ込むべきだと思います。そっちのほうが日本の経済成長にとってプラスになりますし、なにより日本人の安心安全、国土保全にとってプラスになります。もんじゅをやめるということは核燃料サイクルをやめるということにつながりますし、核燃料サイクルをやめるということは原発から撤退するということになります。使用済み核燃料の最終処分なんてできないのですから。どこがそんな危険なものを受け入れるんですか。早く決断しないとさらにお金が必要になってしまいます。日本は財政危機なんでしょ。無駄使いはやめましょうよ。

・オウム裁判終了
自殺者3万人という現状からわかるとおり、今の社会を、生きづらい社会だと感じている人たちがたくさんいます。そんな人たちは同じ感情を抱く人たちを見つけると同じ仲間だということで連帯感情を抱きます。その人たちが社会から排除されると、ますます隅に追いやられ、先鋭化してしまう。最近、若い人でオウムの後継の宗教団体に入信する人が増えていると聞きます。もしそのような現状に憂いを感じるのであれば、この社会を生きづらいと感じている人たちを受け入れていくことができる寛容性がある包摂的な社会を作る必要があると思います。絆のある社会です。

・大阪W選挙、橋下、松井が圧勝
たしかに共同体の空洞化によりアノミー化した人たちが閉塞感を打破したい気持ちでこのような選挙結果をもたらしたという面は否定できません。しかし既存のプラットフォームを覆すような大きな改革を実現しなければならないときにはこのようなファシズム的な熱情を利用する必要がある場合があると思うんですよね。もちろんその後は新しい経験を供給することによりファシズムに利用されないような民衆に育て上げることが必要になってきますがね。それにしても平松陣営の選挙戦術は稚拙でしたね。危機感を煽ってばかりでは大衆の支持は得られませんよ。「こうすれば市民の暮らしが良くなる」というビジョンを提示すべきだったと思います。 

・自民党が国有地を不法占拠
同じ政権が長年政権を担うとこのような不正が行われるのですね。一政党が国有地を勝手に無償で使用していただなんて、「俺たちの財布と国家の財布は同じや!」という思い上がった感情を自民党の皆さんは持っていたとしか考えられません。政権交代により国民はやっと自民党から政治を取り戻すことができたわけです。週刊誌によると、自民党は「復興増税や消費税増税を容認するから不法占拠を見逃してくれ」と財務省に泣きついたそうです。ああ、情けない。自民党は党全体が財務省の操り人形となってしまいました。これからことあるごとに自民党は財務省にこの問題を蒸し返され「操り人形」として行動することでしょう。このようなことでは、もう自民党には政権を任せられません。
 
・清武氏、ナベツネを批判
まあ要するにナベツネがうっかりしていたんでしょうね。報告を受けていたことをすっかり忘れてしまっていた。そのため、「報告を受けてない」なんてテレビカメラの前で言っちゃった。清武氏が怒るのも理解できます。ご高齢でいらっしゃいますから仕方がないのかもしれませんがね。でもそれなら後進に道を譲られるのがいいでしょうね。報告を受けたことを忘れちゃう人に球団会長(実質的にはオーナーみたいなもの)の職は務められないでしょう。

人気ブログランキングへ
■  [PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-12-03 00:19 | ニュースまとめ
タコちゃん、マコちゃんが語る大阪W選挙(大阪府知事選挙、大阪市長選挙) その2
ところでさぁ、「大阪都構想」ってなんなの? いまいちよくわからないよ。今ある大阪府と大阪市を「大阪都」に再編するんだよね。


うん、そうやで。大阪市と大阪府を「大阪都」に再編し、今ある区を8から9の「特別自治区」に再編しようという構想やねん。


どういう意図、目的があるの? 都に再編することによって府と市が同じような権限を行使しているという二重行政の無駄をなくしたい、という点は知ってるけど。他に何かあるの?


大きく分けると、2つの目的があると思うわ。
まずは広域行政の問題やね。今は広域行政についての権限は府と市にあるんやけど、これを「大阪都」の権限に一本化して迅速に権限行使できるようにしようという目的が挙げられると思うわ。広域行政というのは、例えば大阪全体の都市開発とか産業政策のことやね。


なるほど。今までは大阪府と大阪市が、てんでバラバラに都市開発だとか産業政策だとかをやっていたから、それほど政策の効果が出なかったわけだね。


うん、まあ、そういうことやね。わかりやすく言えば、今までは狭い土地の上に2人の大工さんがそれぞれ好き勝手に建物を建てているみたいな状態やってん。わけわからんでしょ。


ははは(笑)、そうだね。公務員ってのは縄張り意識(セクショナリズム)が強いからね。いわゆる縦割り行政ってそういうことだね。


もうひとつは、住民に身近な行政サービスの問題。この権限を「特別自治区」に持たせることによって、その地域の住民のニーズに沿ったよりきめ細かな行政サービスを提供していこうという点が挙げられると思うわ。


なるほど。


今の大阪市って、260万人もの人が住んでんねん。


わー多いね。


うん、そんなたくさんの住民のニーズを、たった1人の市長さんが汲み取るなんてことはできへんでしょ?しかも地域によって住民のニーズは異なるんやしね。だから、8から9の特別自治区に大阪市を再編して、それぞれに選挙で選ばれた区長さんと区議さんを置こうというわけやねん。


なるほど、それだったら、きめ細かな行政サービスを住民に提供できるし、地域の実情に応じた多様な民意を政治に反映できそうだね。これこそ地方自治。


例えば児童虐待があった場合、選挙で選ばれた区長さんが、対応の部署をブロック化しそれぞれに責任者を置いてきめ細かに対応をすることができそうやわ。


それはいいね。大阪の児童虐待の問題はとくに深刻だから、きめ細かに対応してほしいね。


それにしても大阪って、もう60年以上もの間、大阪府と大阪市が不毛な対立をしてんねんで。ほんま、アホみたいやわ。


だから、「そろそろその不毛な対立を決着させようよ」っていうことだね。


早く決着させないと、ますます東京との差が広がっちゃうし、大阪の「幸せ度」が低下してしまうと思うわ。


「幸せ度」って法政大学が発表したやつだね。たしか大阪は全国で最下位だった。


うん、そうそう。もう悲しくなるわ。失業率は全国ワースト2位やし、生活保護の受給世帯はワースト1位やし、年間の所得は減る一方やし・・・。もう何とかしてほしいわ。今回のダブル選挙は、そんな大阪を変える絶好のチャンスやと思う。


そうだね。まったくその通りだと思うよ。

人気ブログランキングへ
■  [PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-11-19 05:35 | 政治・経済に一言
タコちゃん、マコちゃんが語る大阪W選挙(大阪府知事選挙、大阪市長選挙)その1
大阪維新の会の橋下徹さんが新聞や週刊誌で叩かれてるね。昔から日本という国は、リーダーシップを発揮しようとする人が現れると、よってたかって足を引っ張ろうとする傾向があるよね。


うん、「出る杭は打たれる」っていう、ことわざがあるもんね。日本人は調整型のリーダーを好む傾向があるみたいやわ。


先の戦争でさぁ、日本は多くの犠牲者を生み出した。これって、一人の独裁者が独断専行的に戦争を遂行した結果じゃないんだよね。


うん、そうやね。全員に配慮を重ね、意見の調整を繰り返したがために決断ができなかった結果やね。問題を先送りした結果、戦線の拡大を許し、戦争目的を見失い、日本を破滅に追い込んだ。


うん、そのとおり。


11月27日に、大阪府知事選挙と大阪市長選挙のダブル選挙の投開票が行われるねん。


大阪は盛り上がってるみたいだね。


うん、連日、あっちこっちで候補者の演説会が行われてる。まさに大阪秋の陣やわ。


当初、共産党は大阪市長選で独自候補を立てていたみたいだけど、突然、その候補者は立候補を取り止めたようだね。


うん、結局、共産党は平松邦夫さんを支援することになってん。


へえー、自民党、民主党、共産党というまったく考え方が異なる政党が一緒になって平松さんを支援することになったんだ。ちょっとこれはありえない事態だね。


うん、ありえへん。まるで戦時中の大政翼賛会そのもの。恐ろしい限りやわ。


軍靴が聞こえてきそうな感じで怖いね (((( ;゚Д゚))))


平松さんは、さらには大阪市役所、公務員の労働組合、関西電力(原発利権)を中心とする経済界の支援を受けているねん。


ふーん、ということは、当選後はこれらの組織の顔色を見ながら市政運営をしていくことになるだろうね。


うん、右から左までまったく思想信条の異なる組織に気を使いながら市の舵取りをしていくことになると思うわ。


こんなの結果が見え見えじゃない。結局、平松さんは各陣営の意見調整を繰り返すだけで、何も決断できず、あらゆる課題を先送りすることになるだろうね。そして大阪を破滅に追い込む。


まあ、破滅とまではいかないと思うけど、今みたいに社会の枠組みが古くなって役に立たなくなってきたときは、調整型の人ではなくて強いリーダーシップを発揮できる人がリーダーになるべきやと思うわ。橋下さんみたいな人。


うん、そうだね。今はそのときかもしれないね。

「その2」へつづく


人気ブログランキングへ
■  [PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-11-15 04:07 | 政治・経済に一言
2011年10月に起こったニュースで気になったもの5つ
2011年(平成23年)10月に起こったニュースで気になったもの5つを選んでツッコミを入れました。

・ウォール街デモ
サブプライムローン問題が発端となり経済が悪化したアメリカ。その後「チェンジ」を期待されてオバマが大統領になりましたが、一向に経済は改善しようとしません。失業率は高いまま。今後、ますます悪化するのではないかとも予測されています。さらにグローバル化が、少数の高所得者と多数の低所得者層の二極化を広げていると言われています。大学を卒業しても就職できない。不安を抱く若者が中東民主化デモの影響を受けて、ウォール街を占拠(オキュパイ)しました。なぜウォール街なのか。それはアメリカ経済悪化の原因を作ったのがウォール街の人たちだからです。彼らはその責任を取ろうとせず税金で救済してもらい、高い給料でのほほんと暮らしています。

・大阪W選挙
よく聞かれる橋下批判に「独裁」というものがありますが、どうもこれはおかしい。橋下改革というのは教育改革にしても大阪都構想についても地域共同体の自己決定(共同体自治)に主眼があります。つまり橋下氏は中間集団を充実させようとしているのです。これは政治学の基礎の基礎の話ですが、中間集団が充実し多元的な社会が作られると独裁やファシズムになりにくくなります。橋下氏は「独裁」とは正反対の社会を作ろうとしているのです。しかも、そもそも国の法律の範囲内の権限しか有していない地方自治体の首長が「独裁」になるわけがありません。無能な新聞記者ならまだわかりますが、大学教授までが「独裁」と真顔で批判している姿には頭を抱えます。私は橋下徹氏率いる大阪維新の会の大阪都構想に賛成です。是非とも「大阪秋の陣」を勝ち抜いてもらいたいと思います。  

・野田政権暴走
野田政権が暴走しています。突然、消費税増税が国際公約だと言い出したり、党内の多くが反対しているにもかかわらずTPP交渉参加に前向きであったり。もともと民主党政権は鳩山内閣のときに4年間は消費税増税をしないと明確に言っていたじゃないですか。菅内閣のときも菅総理は消費税増税をするときは国民の信を問うと明確に発言していました。それなのになんなのでしょうか。詐欺としか言いようがない。TPPについてもその中身についての十分の説明がないし、国民に誤解を与える数字を示したりしている。国民にどれだけのメリットがあるのか判然としない。むしろデメリットのほうがはるかに大きいのではないかとも思える。にもかかわらず参加に向けて野田政権は前のめりになっています。不誠実としか言いようがありません。こんな詐欺的で不誠実な政権には即刻退陣してもらいたいと思います。

・自民党役員人事が混乱
「自民党は野党になると内から改革が起こり溜まりに溜まった積年の垢が洗い落とされることになるだろう」私はこのように期待していました。ところが、今のところ全くそうはなっていません。派閥が力を増し、ますます垢が溜まりつつあるようにも思えます。先ごろ、自民党の新しい執行部が決まりました。それは昔の自民党に見られたような派閥均衡の人事色が強い人事でした。谷垣総裁の決然としたリーダーシップがまったく見られません。民主党政権があまりに不甲斐ないので「近々自民党に政権が転がり込んでくるのではないか」という期待が自民党の中にあると言われています。そのため内から徹底的に改革をしようという機運が盛り上がらないのでしょうか。これでは民主党政権に失望した人たちの受け皿とは到底なりえません。

・カダフィ死亡
今後は選挙をやって憲法を作って大統領を選んでという流れになるのでしょうけど、その過程において激しい主導権争い、利権争いが繰り広げられることが予想されます。というのも、本来、反カダフィ派というのはバラバラの部族の集まりであるところ、カダフィという共通の敵が存在していたのでまとまっていたに過ぎないからです。カダフィ打倒のため大量の武器が欧米から提供されました。これが部族間の内戦のために使用される危険があります。そうなれば石油利権を狙う諸外国を巻き込んだ大規模な争いになる可能性もあります。

人気ブログランキングへ
■  [PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-11-02 23:51 | ニュースまとめ
2011年9月に起こったニュースで気になったもの5つ

2011年(平成23年)9月に起こったニュースで気になったもの5つを選んでツッコミを入れました。

・沖縄密約文書控訴審判決
「文書が廃棄された可能性があるので文書は存在しない」として、文書の公開を求める原告の請求を棄却する判決が出た。廃棄されたことにより(廃棄が本当だとして)、国民はこの密約文書を通じて当時の政権の判断の妥当性についてチェックする機会を失った。しかも廃棄により、同じ文書を保有する他方当事国に一方的に文言を解釈されるおそれが生じる。「てへっ、捨てちゃったんだから仕方がないじゃん」では済まないのである。文書管理規定違反として誰がなぜ廃棄したのか責任の所在をはっきりさせる必要がある。ここで責任の所在をはっきりさせておかないと、官僚は同じ過ちを繰り返すであろう。 

・小沢3秘書に有罪判決
官僚の最大の動機は昇進である。では昇進の基準とは何かというと、予算と権限の獲得にある。官僚は昇進のために予算と権限の獲得にまい進する。では予算と権限を縮小させようとする政治家が出てきたらどうなるか。官僚は必死になってその政治家に抵抗しようとする。どういう手段を使うのか。疑獄事件を作り出す。「仮に官僚が疑獄事件を作り出したとしても司法権力が歯止めになるのではないか」そう思うかもしれない。しかしそんなことはない。検察(官僚)と裁判官は同じ共同体(判検交流など)の中にいる。つまり官僚と裁判官は同じ規範の中にいるのである。裁判官は検事の嫌疑を引き継ぎ、政治家を抹殺しようとする。

・ウィキリークスが外務事務次官の発言を暴露
ウィキリークスが暴露したところによると、藪中外務事務次官(当時)がオバマ政権に対し「広島、長崎を訪問するのは時期尚早である」と発言したようだ。「お前は何様なんだ」と言いたい。オバマ大統領はプラハで核廃絶を訴えた。有名なプラハ演説である。その後、オバマ大統領が広島、長崎に訪問していれば核廃絶の機運はさらに世界的に高まっていたであろう。今後、誰がトップに立とうが、もう核廃絶の流れは止まらないであろう。なぜなら今の主要国の関心はテロリストに核爆弾が渡ること防ぐという点にあるからだ。

・鉢呂経産相が辞任
何とも不可解な辞任劇である。そもそも「死の町」発言の何が問題なのか理解できない。実際、細川律夫厚労大臣が同じ発言したときはなんら問題にならなかった。「つけちゃうぞ」発言にしても、本当にそのような発言をしたのかよくわかっていない。新聞社によって発言内容が区々になっているし、本人は発言自体を否定している。さっぱりよくわからない。鉢呂前大臣は脱原発政策の実現のための人事を発表する直前だったと言われている。鉢呂前大臣は嵌められたのではないか。もしそうだとすれば恐ろしい話である。

・プルトニウムを検出
「プルトニウムは重いため原発の敷地内から外に出ることがない」と専門家は指摘していた。ところが原発から45キロも離れたところからプルトニウムが検出された。プルトニウムはα線という放射線を出す。もしプルトニウムの微粒子を肺に吸い込み内部被爆したとすれば恐ろしいことになる。α線は肺の中の一箇所を集中的に攻撃するので肺がんなどを引き起こすおそれがあるのである。さらに恐ろしいことにα線はガイガーカウンターでは測定できない。つまり内部被爆のおそれがあるかどうか判断が困難なのである。

人気ブログランキングへ
■  [PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-10-08 01:45 | ニュースまとめ
近江八幡に行ったよ
豊臣秀吉の甥っ子、豊臣秀次が築いた城下町、近江八幡。
楽市楽座の自由な商業都市として発展し、近江商人を生みました。
繰り返し訪れたい美しい街並みでしたよ。

新町通り

見越しの松

八幡掘

秀次は琵琶湖を往来するすべての船を八幡掘に寄港させた。

石畳の遊歩道が設けられている。



八幡山。山頂に秀次は八幡山城を築いた。

人気ブログランキングへ
■  [PR]
# by asatte_no_houkou | 2011-09-23 00:27 | 私の旅日記
< 前のページ 次のページ >