【拉致問題】北朝鮮への経済制裁の発動も考えよ
経済制裁求め緊急国民集会 日朝首脳会談2年で被害者家族ら(産経新聞)

皆さーん、北朝鮮による拉致問題
忘れていませんかー?
拉致問題はまだ一向に解決していませんよー!

曽我さんの夫であるジェンキンスさんやその娘さんたち、
蓮池さんのご家族、地村さんのご家族が日本に帰ってきた。

これは大変喜ばしいことだ。
子供たちは日本の生活に慣れてきたらしい。
日本語もかなりうまくなってきたようだ。
地村さんのところの次男さんは、
おじいちゃんと一緒にドライブに行くのが楽しみのようだ。
おじいちゃんもそれが嬉しい。

しかしである。



安否不明の10人の方々は
未だに帰ってきていない。

未還者の帰国を実現することが、この拉致問題における
政府の第一次的な責任のはずだ。(憲法上の責任)

10人だけではない。
藤田進さん、松本京子さん、田中実さん、小住健蔵さんらの
救出もしなければならない。

先月、北京で日朝実務者協議が行われたが、北朝鮮側の対応は
ひどいものであった。
完全に日本をナメていた。

再調査は
「現在も続いていますねん。」だとさ。
再調査を約束したのは、今年5月のことだぜ。
それから3ヶ月近く経てなお、現在再調査中だってさ。
ナメとんか!

これまでの北朝鮮側の説明に対する数多くの疑問点は、
早い段階から北朝鮮に伝えていたんだよ。

死亡とされた8人の住所や死亡場所が異なっていたにもかかわらず、
7人の死亡証明書は平壌の同じ病院から発行
されているのはなぜか、とか、
唯一提供された松木薫さんとされる遺骨は日本側の鑑定で
別人と判明したこととか。

北朝鮮の対応はあまりに不誠実である。
「日本人は平和ボケしてるから、簡単に騙せるやろ。それにすぐに忘れよる。ケッケッケ。」
とでも思っているのであろう。

増元るみ子さんの父親は「日本を信じる」と言い残し、
娘の帰国を待たずに亡くなった。
有本恵子さんの父は76歳、母は78歳だ。
これら拉致被害者のご家族を北朝鮮はいつまで待たせるのであろうか。
いい加減にしろよ!
ズルズルと引き延ばして、拉致問題を外交カードにする卑怯なやり口をやめろ!

今後の対応次第では、改正外為法や特定船舶入港禁止法に基づく
経済制裁の発動が必要である。
5月の首脳会談で約束した25万トンの食糧支援などのうち半分以上の拠出をすでに決めているが、残りの支援は保留すべきだ。

拉致問題はとても重要な問題ですよ。
もしかしたらあなたが拉致されていたかもしれないんだ。
そして今後再び拉致事件が起こるかもしれない。

世論による後押しが必要だ。

9月17日、拉致被害者を迎えて、経済制裁求める緊急国民集会が行われていた最中、このようなイベントが行われていました。

日朝平壌宣言から2年目の17日夜、ろうそくの明かりで人文字を作る催しが東京都新宿区霞岳町の明治公園であった。・・・(省略)・・・ピースボートや在日コリアン青年連合などでつくる「ピース・ナウ・コリア・ジャパン」が主催した・・(省略)・・・8月、日本側のメンバーが韓国を訪ね、地元のNGOに「東アジアの平和のために日朝の国交正常化が大事なんです」と協力を求め、同時開催が決まった。
【北朝鮮の人々へ届け、ろうそくで「友」示す人文字】(朝日新聞)


「東アジアの平和のために日朝の国交正常化が大事なんです」って・・・
言うじゃな~い。
東アジアの平和のために大事なのは、
北朝鮮の独裁体制の崩壊と、核の放棄ですから!
残念!
自称「平和団体」斬り!

あっ!ギター侍です。

人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2004-09-20 01:09 | 国際社会を生き抜く
<< 憲法9条を改正しますか?それと... 【プロ野球スト問題】「老いぼれ... >>