消費税増税はデフレ脱却を実現してからにしてくれ!
a0029616_23593744.jpg

や、だからさ、デフレの今、消費税を増税するのはマズイわけよ。
ますます個人消費が落ち込んでしまうじゃん。

人消費が落ち込むと、ますますモノが売れなくなる。
そうなると企業は困るので、増税分を企業が負担しなきゃならなくなる。
さらなるコスト削減で、労働者の給料が減る

料が減ると、ますますモノが売れなくなる。
値段を下げなくてはならなくなる。
デフレが進む。

総理は「増税するのは2~3年後だ」って言ってるみたい。
なんとしても、この2~3年の間にデフレから脱却する必要がある。

度も言うように、デフレ脱却をするには日本銀行の金融政策が最も有効的であるわけよ(注)
菅政権は日銀と協調して、徹底的にデフレ対策をしてもらいたい。

銀は天下り先である短資会社を守るために金融緩和政策に消極的だといわれている。
景気回復(国民生活の安定)よりも自分たちの天下り先の保護を優先させているわけだ。
菅政権は、この日銀に徹底的に圧力をかけてこの方針を転換するよう努めてもらいたい。

主党はマニフェストに「政府と日本銀行が協力して集中的な取り組みを進め、早期にデフレを克服」と書き込んでる。
僕はそれに期待したいと思う。
菅さん、しっかりたのんます。

(注)もちろん産業構造の改革も必要だよ。自動車などの既存の産業分野から環境やエネルギーといった産業分野に軸足を移す必要がある。

写真は、牛すじぼっかけカレー

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-06-24 00:02 | 政治・経済に一言
<< ちちんぷいぷいの角淳一さんプロ... この本を買ったばかりなのに鳩山... >>