「田原総一朗のタブーに挑戦」8月18日放送分と超人大陸「青山繁晴の熱血トーク」の感想
「田原総一朗のタブーに挑戦」8月18日放送分をポッドキャストで聴く。
中国をけん制する目的で行われた米韓合同軍事演習。
日本政府はこれに参加したい旨を米国、韓国に伝えた。
しかし、けんもほろろに拒否される。
韓国人の感情的回復を図る必要に迫られた日本政府。
菅首相は首相談話を発表した。
いわゆる菅談話は、新冷戦(アメリカVS中国)に対応するための深謀遠慮に基づくものであったのである。

今さらながらであるが、超人大陸「青山繁晴の熱血トーク」の「官房機密費の実態に言及-許されざる賄賂の闇」を見る。
青山繁晴さんはこの番組の中で、共同通信の幹部が官房機密費から金を受け取っていた事実について発言している。
官房機密費からジャーナリストに金が渡っていたという事実。
民主主義を揺るがす大問題だ。
説明責任を果たさない大手マスコミに政治家に対して説明責任を果たすことを要求する資格はない。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2010-08-27 00:45 | ラジオの感想
<< 【平成22年民主党代表選】菅直... 「小島慶子キラキラ」8月24日... >>