あの重慶で数万人が抗議行動
a0029616_1355319.jpg

【重慶市で騒乱、1万人が抗議行動…発端は市民のけんか?(産経新聞)】
【重慶で数万人騒乱(東京新聞)】

■重慶と言えば、
アジアカップでの「反日」騒動が記憶に新しい。
この点については既に書いた。
【アジアカップ】中国人による反日行動の本質

■ある人は、「日本の謝罪が足りないから、あのような騒動が起きたのである。」と、したり顔で言っていた。
しかしこれは誤りである。今回の騒動でそれが明らかになった。




天安門事件は国際的な批判を浴びた。
民主化を要求する若者を人民解放軍が武力弾圧をした。装甲車が若者を轢き殺した。
欧米諸国は、中国の人権抑圧を厳しく非難して、経済制裁措置をとった。
中国にとってこれは苦い思い出である。
もうこれを繰り返したくない。

■今回の騒動。
1万人以上の群衆が、重慶の政府庁舎を取り囲んで騒乱状態になったという。中国の主要紙やテレビは騒乱の詳細について伝えていないらしい。
政府が情報を統制しているのだろう。

胡錦涛はどういう対応をとるか。
江沢民のように「反日」を煽りたてて国内の不満を外へ向けさせるか。
それともチベットでやったように(胡錦涛はチベット平定で名を挙げた)、秘密裏に弾圧するのか。

注目である。

人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2004-10-21 00:13 | 国際社会を生き抜く
<< 日中間の『誤解の溝』を埋めよう... 【南野】知識が無くても大臣にな... >>