【ブッシュ】アメリカ大統領選挙を楽しもうぜ!【ケリー】
11月2日は何がある日でしょうか?
えっ?プロ野球のオーナー会議の日だって?
まあ、それもあるけど、それよりも重要なことがあります。
11月2日はアメリカ大統領選挙の投票日です。



■アメリカ大統領選挙は間接選挙という方式を採用しています。
間接選挙というのは、有権者が選挙人に投票して、選挙人が大統領候補に投票するという方式です。

■有権者は候補者ではなく、選挙人リストに投票することになります。
選挙人リストというのは、候補者が州ごとに作る選挙人のリストのことです。選挙人の枠は州ごとに割り当てられ(各州の選挙人の数は州の上院・下院議員の数の合計と同じ)、投票の結果、得票数のもっとも多いリストの党の候補者が、州の選挙人枠すべてを獲得することになります。(総取り方式)

■たとえば、カリフォルニア州でブッシュのリストが1万票で、ケリーのリストが1万1票を獲得したとすると、ケリーの方が1票多いだけでカリフォルニア州選挙人54人分をすべて獲得できてしまうことになっちゃうんです。な・なんと!

■全米の選挙人の数は50州の535人に、首都ワシントンの3人を加えた
538人。過半数の270人を獲得した方が大統領に当選するということになります。

■今回の選挙においては事実上ブッシュケリーの2人の候補が争っています。
民主党
大統領候補:ジョン・ケリー(1943 デンバー)
副大統領候補:ジョン・エドワーズ(1953 南カロライナ)

共和党
大統領候補:ジョージ・W・ブッシュ(1946 テキサス)
副大統領候補:ディック・チェイニー(1941 ネブラスカ)

第三党
ラルフ・ネーダー

a0029616_0352995.jpg

■上の図を見てください。(クリックすると、大きくなるよ)
左上に「solid Kerry」とありますが、
これは「ケリーで間違いない!」という意味です。
カリフォルニアやコネティカットは「ケリーで間違いない!」という状況のようですね。
「likely Kerry」とは、「まあ、ケリーだろう」という意味です。
「lean Kerry」は、「ケリーかな?」という意味です。
「toss up」「どっちかわからん」という意味です。
右上「solid Bush」「likely Bush」「lean Bush」も同じことです。

■上の図では207対222でブッシュが有利に見えますが(昨日の毎日新聞では211対234となっていました)、必ずしもそうでもないようです。
鍵となる州である、フロリダ州、ペンシルバニア州、オハイオ州のうち、ペンシルバニア州とオハイオ州はケリーが「選挙人枠」を獲得しそうだからです。
ですので、ミネソタ州あたりの小さな州でどちらが「選挙人枠」を獲得するかがポイントとなりそうですね。

かなりの接戦です。面白くなりそうだ!

人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2004-10-28 01:05 | 国際社会を生き抜く
<< 【国旗】天皇陛下「強制でないの... 日中間の『誤解の溝』を埋めよう... >>