吉岡斉(事故調委員)に聞く「原発再稼動わたしはこう思う」-報道ステーション
原発の再稼働問題。
ぼくは、九州大学の副学長・吉岡斉さんのご意見に賛成ですね。

今の条件では反対ですね。
失敗(原発事故)の総括を十分にやらないと
そもそも再開とかそういう資格はない。
保安院も経産省も安全委員会も
あるいは官邸も安全を確保できなかった。
全部失敗しているわけだから
官邸が保証して野田さんが保証しても
何の救いにもならない。
能力がないのに
安全だと言ってもらっては困る。

原発の事故というのは非常に広域に及んで
コストも甚大で全国民が負担しなければいけない。
そういう受け入れの決定を安易に
自治体がしていいのかと。
国民全体を悲劇にするような決断なんだ
ということを十分に理解したうえで
受け入れるかどうかというのを
決めて頂きたいし
それでもし何か起これば
その市町村は無くなるでしょう。

原子力安全・保安院を解体して
新しい規制当局を作って
その下で安全基準を全面的に見直して
比較的安全度の高いと見積もられる
ものについては再稼働を認める。
石油火力を燃やすよりは
ずっと経済性が良い。
節約されるお金と背負う危険という
これを秤(はかり)にかけた場合
しばらく10年か20年は
動かして認めた方がよりメリットがある。
そういう勘定が成り立つと思う。

一番重要なことは責任の所在を明確にする。
電力会社がすべての責任を負うと。
今まで(国は)補助金とか
保護してきたが全部中止です。
その上で地元の理解を得たいなら
電力会社が高い金を自分で支払いなさいと。
事故が起きたら損害賠償法は
廃止しますから
全部自分で払いなさい
それでいいならおやりなさいという。
自由主義のもとでは原発は成り立たないと
いうのが私の意見だし
原発は国家による手厚い保護によって
守られてきたという
そういう素姓の悪い公共事業みたいな
ものですから
全部その国家の保護を無くせば
おのずとやるやつはいなくなるだろうと思います。


人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2012-03-25 00:45 | 政治・経済に一言
2012年2月に起こったニュー... >>