『提訴が前提』だって?!情けないぞ!朝日新聞
a0029616_093890.jpg

NHK、18項目質問状 朝日新聞『提訴が前提』
通告書では「長時間にわたり自己弁護に終始する放送をし、当社の言い分を無視する報道姿勢は放送法に照らし、重大な疑問がある」と指摘。書面受領後十日以内の回答を求め、「誠意ある回答がない場合は法的措置を取らざるをえない」としている。(東京新聞)

■日本は民主主義国家です。
民主主義国家では表現の自由が保障されています。




■もし名誉が毀損された場合にはまず言論により名誉回復を図るべきです。(対抗言論の原則)
朝日新聞は言論機関
十分に反論をすることができます。

■この点は一市民と異なります。
一市民は反論をすることができない。
だから訴訟により名誉回復をするしかありません。

■ところが朝日は言論機関。
大手マスコミ。
泣く子も黙る、日本を代表する大新聞。
具体的な根拠を示して反論をして名誉回復に努めるべきでありましょう。

■ところがどっこい朝日新聞は提訴を考えているようです。
朝日は民主主義の意味を理解していないようですね。
情けない・・・

人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-01-25 00:02 | 社会の時間
<< 【大阪市】もう、あの人しかいな... 【NHK「政治介入」問題】相変... >>