【大阪市】もう、あの人しかいない【「ヤミ給与」】
a0029616_022321.jpg

過剰福利:大阪市を税務調査 「ヤミ給与」把握へ--国税局、異例の着手
大阪市職員が過剰な福利厚生を受けている問題で、大阪国税局は24日、市の公費支出が職員の給与所得に当たるかどうかなどを検討するため、大阪市役所(同市北区)の関係部署に一斉に税務調査に入った。(毎日新聞)

■これはね、長年、助役を市長にしてきたツケですよ。
組織内部で甘い汁を吸ってきた人間に改革なんかできるわけがありません。




■お役所の中は「前例主義」に支配されている。
マックス・ウエーバーが言う「伝統主義」。
永遠なる昨日。

■お役所の中にいた人には改革なんてできません。
助役出身の関市長には改革はできません。

■ネットで検索をしてみると、
な、なんと、あの「泡沫」「成金」「選挙マニア」候補で有名な羽柴誠三秀吉氏(本名は三上誠三)が良いことを言ってた。
羽柴秀吉候補(54)も大阪市役所前で選挙カーの上から、
「今回の市長選は“大阪市の妖怪”を退治するための大切な選挙。助役が歴代の市長に就任して五十年。天下りした歴代の三セク経営陣や市長らが五兆円の借金をつくった」と、助役=後継市長の現状を批判。(大阪日日新聞

■大阪市民は羽柴氏に市長になってもらうべきだ。
なんてったって羽柴氏はあの秀吉の生まれ変わりである。
腐りきった大阪市の改革をできるのは羽柴氏しかいないであろう。

■関市長は今すぐに羽柴氏の所に向かい、土下座して市長の座を禅譲するべきである。

人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-01-25 00:19 | 政治・経済に一言
<< 【愛媛県警】告発警官に報復人事... 『提訴が前提』だって?!情けな... >>