「丸激」に小室直樹先生が登場!テーマは「憲法」
a0029616_044463.jpg

■社会学者の宮台真司先生とジャーナリストの神保哲生氏が司会を務める
「丸激トーク・オン・ディマンド」。
毎回、様々な時事ネタを独自の視点でぶった切ることで有名ですね。
今回(4月24日収録)、小室直樹先生が出演されました。

■小室直樹先生と宮台真司先生は師弟関係にあります。
昔、東大で小室先生が私塾(小室ゼミ)を開いておられたときに、宮台先生は顔を出されていたようです。

■全部を見るためには有料の会員登録をしなければなりませんが、最初の数分は無料で視聴できます。
興味がある方はご覧ください。
テーマは憲法です。
オススメです。(と言いつつ、まだ僕は見てませんが・・・)

第212回 [2005年4月24日収録]

「憲法シリーズ第2回:日本人にはまだ憲法は書けない」
ゲスト:小室直樹氏(政治学者)

 衆参の憲法調査会で最終報告書がまとまり、国会で憲法改正が喧しく議論されている。しかし、政治学者の小室直樹氏は、このままでは、憲法改正は見送られるだろうとの見方を示す。その理由は、憲法とは「国民意識の反映」であり、憲法意識が欠如 していては憲法を書き直すことなど無理だからだと言う。
 憲法とは何なのか、憲法改正にどのような意味があるのか。憲法の役割やここまで の憲法改正論議の問題点を、宮台氏の師匠でもある小室氏と共に考えた。他、中国の反日デモなど。

<ビデオニュース・ドットコム>
http://www.videonews.com

【全国民必読のオススメ本】
痛快!憲法学 ― Amazing Study of Constitution & Democracy
小室 直樹 / 集英社インターナショナル
スコア選択: ★★★★★



小室直樹の中国原論
小室 直樹 / 徳間書店
スコア選択: ★★★★★




人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-05-01 00:39 | 日本国憲法を考えよう
<< 動画だよ!「『知らないでは済ま... 『中国反日デモ』と『60年安保闘争』 >>