動画だよ!「『知らないでは済まない宗教』の講座」
a0029616_0281842.jpg
■日本人の多くはあまり宗教に関心がない。
そりゃ当たり前。
だって日本には宗教がないもん。
日本には宗教があらへんねん。

■それゆえ日本には原理原則、規範といったものがない。
だからその場の雰囲気(空気)が大切となる。
右向きゃ右、左向きゃ左。



■原理原則や規範がない社会に住む日本人。
何事も「話せばわかる」と考えている。
そんなわけないやん。
例えばパレスチナ問題。
「話せばわかる」わけがない。

■日本人の多くは宗教音痴
だから、わけのわからんカルト教が蔓延る。
カルト天国、ニッポン。
日本人は宗教の勉強をしないと駄目だ。
知らないでは済まない。

■では宗教を知る手っ取り早い方法はないか。
あった。
「『知らないでは済まない宗教』の講座」

■ネットは便利だ。
無料で宗教の勉強ができるなんて。
それも動画
動いている。

■この番組のコーディネーターは橋爪大三郎先生
橋爪大三郎先生と言えば、日本の宗教社会学の第一人者。
懇切丁寧に「宗教オンチの日本人」に「宗教とは何か」を教えてくださる。
これは見ないと損だー!!

異文化理解教室-番組「『知らないでは済まない宗教』の講座」
東京財団では、社会学者の橋爪大三郎 東京工業大学大学院教授をコーディネーターに、テレビ番組『知らないでは済まない宗教」の講座』を企画/制作しました。
この番組では「隣に異文化人が引っ越してきたら?」という身近な視点から宗教を捉え、異文化共生の道を探ります。

世界の文化の根底には宗教、そしてそこに生きる俗信があるのではないでしょうか。
あの、世界を揺るがした9・11事件をめぐる諸言説や、政教分離、カルト宗教など、宗教を知ることなしには理解できない、誤解を避けられない、解決できない問題があります。
日本が多元文化の中で異文化共生の道を探していくにあたっては、宗教を理解することが必要です。

【オススメ本】
日本人のための宗教原論―あなたを宗教はどう助けてくれるのか
小室 直樹 / 徳間書店
スコア選択: ★★★★★

人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-05-14 00:38 | 社会の時間
<< 天皇陛下の田植えと『資本主義の精神』 「丸激」に小室直樹先生が登場!... >>