【日韓友好】いろんな教科書があってもいいじゃないか
■atsuさんの「atsuのB級ニュース批評」にて、大爆笑の画像を発見しました。
その辺のつまらない漫画を凌駕する面白さ。

■まずは朝日新聞の意見広告に載った漫画を。




a0029616_2474043.jpg


■この漫画は、扶桑社の歴史教科書を批判する、韓国の市民団体が載せたもののようです。
「戦争って、カッコいいよなぁ!」
「ちょっと、またやってみたいな・・・」

だそうです。

■いったいぜんたい、扶桑社の教科書のどの部分を読んだら、戦争をまたやりたくなるのでしょうか?
戦争をカッコいいと思うのでしょうか?
まったくもって不明です。
間違いなく彼らは扶桑社の教科書を読んでいません。

■さて、次の画像を。

a0029616_2481390.jpg


「日本に攻め込めばいいと思います」
だそうです。
笑顔で恐ろしいことを言っていますね。
この写真は、韓国のとある小学校での一コマ。

韓国の歴史教科書を読んで、すくすくと育った韓国の子供たち。
韓国の子供たちは
「戦争って、カッコいいなぁ!」
「ちょっと、またやってみたいな・・・」

と思っているようです。

■なんてことでしょう。
韓国の市民団体の皆さんは、扶桑社の教科書ではなく、間違えて韓国の教科書を読んでしまったようです。
韓国の教科書を扶桑社の教科書と間違えて読んで、「こんな戦争を賛美する教科書は駄目だ」と憤り、朝日新聞に採択反対の意見広告を・・・
って、そんなわけないか(^^;

■日本の歴史教科書は複数あって、自由に選べます。
多様な歴史観を認めているからです。
一方、韓国は国が定める教科書が一つあるだけ。
韓国では多様な歴史観は認められていません。

■私は、韓国の市民団体の皆さんに、
「他国の教科書に文句を言う前に、テメーの国の教科書を何とかしろよ!!」
と言いたい。

人気blogランキングへ

【関連記事】
【賛成?】『新しい歴史教科書』について考えてみた【反対?】
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-07-31 03:09 | 歴史教科書問題
<< 今年も「M-1グランプリ」が近... 少数政党がキャスティングボート... >>