【新自由主義】小泉自民党の政策では大多数の国民が不幸になる
a0029616_2173936.jpg

■小泉内閣の政策の基礎にある思想は、ネオ・リベラリズム(新自由主義)と呼ばれるものです。

■ネオ・リベラリズムとは、
『弱者は支援をするからつけあがるんだ。弱者は自業自得だ。地獄を見ろ!』
といった発想です。
この考えでは、弱者保護の福祉政策は切り捨てられます。




■この考え方では国民が、「強者」と「弱者」とに分けられ、固定化してしまいます。
ほんの一握りの「強者」はずっと「強者」のままで、それが既得権益となる。
大多数の国民は「弱者」となってしまい、やり直しができない状態になる。

■日本では、毎年、多くの人が自殺をしています(3万人を超える)。
多くが経済的な動機です。
これは小泉自民党による経済政策が、主たる原因の一つと言ってもよいでしょう。

■今回の選挙で小泉自民党が勝てば、再び悲劇が繰り返されるでしょう。
自殺者がますます増える可能性があります。
絶対に避けなければなりません。

■僕はこう思います。
全員に平等に機会が保障されていて、頑張った人は報われる。
つまり頑張れば「強者」になれる。
でもそれは既得権益にはならない。

■失敗して「弱者」になった人でも、ヤル気のある人は、もう一度やり直しの機会(「強者」になれる機会)が与えられる。
そういう社会がいいな。

■ネオ・リベラリズム(新自由主義)とは違う。
社会主義・共産主義とも違う。
「第三の道」(イギリスのブレア政権が採る政策)を日本は目指すべきだと思う。
民主党に期待します。

人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-09-11 00:00 | 政治・経済に一言
<< 【2005衆院選】あーあ、政権... 『憲法改正』に関する4象限のチ... >>