【民主党】去る人、来る人
a0029616_2363560.jpg

民主のご意見番、藤井氏が政界引退へ
総選挙で落選した藤井裕久民主党代表代行(73)が、高齢を理由に政界を引退する意向を固め、14日の自身の選対本部解散式で正式に表明することになった。(asahi.com)

■そうですか。
引退されるのですか。

藤井裕久さんは、僕の好きな政治家の一人
日本には数多の政治家がいますが、藤井さんほどのご見識を備えた政治家が今どのくらいいるのでしょうか。
自己保身しか考えていない政治家ならぬ政治屋がほとんどではないでしょうか。
(例えば、郵政民営化賛成に回った自民党の造反議員)




■藤井さんは、もともと大蔵省の主計官をされ、自民党から政界に転出。
その後、小沢一郎氏と共に自民党を離党。
新進党、自由党を経て、今は民主党でご活躍されていました。

■大蔵省出身だということで財政、金融についての政策に通じておられるわけですが、それのみならず安全保障などあらゆる政策に精通されておられる方です。
御年70を超える年齢ではありますが、民主党、いや日本の政治にとって、まだまだ必要不可欠な政治家だと思います。

■今回の引退はとても残念です。
今までご苦労さまでした。
新聞によると、「日本の近現代史調査会」の会長は続けられるということですので、若い政治家に対してガツンと喝を入れてやってください。

■それにしても今回の選挙では惜しい人材がことごとく落選しました。
例えば、樽床伸二さん東祥三さんなどです。
社民党の保坂展人とか言う、ML派(MLとはマルクス・レーニン主義のこと)の活動が内申書に書かれて高校にいけなくなったような、くだらん政治家をタナボタで当選させるのなら、樽床か東さんを当選させろよ。
コノヤロー!!

Excite エキサイト : 政治ニュース
前原氏が出馬表明 民主代表選(共同通信)
民主党の後継代表選びをめぐり、中堅・若手グループは14日、「次の内閣」防衛庁長官の前原誠司氏(43)を擁立する方針を固め、前原氏は代表選立候補の意向を表明した。

前原誠司さんは、藤井さんと同じ私が好きな政治家の一人です。
いずれ日本を背負ってたつ政治家になられる方だと思っておりましたが、こんなに早くそうなるとは・・・
って、まだ民主党の代表になるとは決まっていませんけどね。

■どうやら菅直人も代表選挙に出る模様。
オマエは、すっこんどれ!
いつも眠たそうな顔をしやがって。
早く寝ろ!
民主党政権になったら、国土交通大臣か厚生労働大臣あたりをやらせたるから、そこで薬害エイズ事件で見せた手腕を発揮しろ!
今はひっこんどれ!

■というわけで、前原誠司さんですが。
この方は京都大学で、あの国際政治学の権威であらせられる、今は亡き高坂正尭先生の下でみっちりと国際政治について学ばれた方です。
高坂先生の名著『国際政治-恐怖と希望』(中公新書)は今も国際政治学におけるバイブル的存在です。

■前原さんはその後、松下政経塾に入塾し、あの偉大なる経営者松下幸之助さんの下で政治一般について学ばれました。
ですので、あらゆる分野の政策について通じておられる方です。

■時々、『諸君』『中央公論』などの雑誌に登場されるのでご存知の方も多いものと思われます。
なかなかのイケメンですね。
前原さんの代表就任で民主党が政権奪取できるよう期待しております。

【追記】
前原さんの政治家としての思想信条についてはこちらが参考になるでしょう。
【衆院選の争点】『憲法改正』に関する4象限のチャートだよ。
【衆院選の争点】外交に関する4象限のチャートだよ。

人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-09-15 02:31 | 政治・経済に一言
<< 【在外選挙権判決】これは画期的... 【自民大勝】郵政民営化法案に「... >>