アホなオレやけど、今日は『天皇』について考えてみた―その3
a0029616_115760.jpg

前回の続きです。
欧米の立憲主義国の背後には、宗教があります。
具体的には啓典宗教です。
さらに具体的に言えばキリスト教です。

■では啓典宗教とは何でしょうか。
啓典宗教とは、神と人間との契約を根本とする宗教のことです。
絶対的な存在である神が、「法」を作ります。
そしてその神と人間とが、その「法」を基礎とした絶対契約を結ぶのです。
これが啓典宗教。

神----[契約]----人間




■この契約により戒律が作られます。
この契約は、神との契約である以上、絶対です。
絶対守らなければならない。

■神と人間との契約(タテの契約)を、人民と人民との契約(ヨコの契約)に転換します。
その結果、憲法は絶対契約となり、最高規範になる。
絶対に守らなければならない契約となるのです。
これにより、欧米における立憲主義が確立しました。

■では日本には啓典宗教はあるのでしょうか。
ありません。

■例えば、仏教
仏教は啓典宗教ではありません。
啓典宗教では、神が「法」を作ります。
そしてその神が人間と絶対契約を締結するのです。
ところが、仏教というのは、「法前仏後」という言葉があるとおり、仏といえども「法」を作ることができません。
はじめに「法」ありきなのです。
ですから、仏と人間との契約というものは成り立ち得ません。

■では日本政府はどうしたのか。
「アホなオレやけど、今日は『天皇』について考えてみた―その3」へつづく

上の写真は、豊臣秀吉のお墓です。

人気blogランキングへ

【オススメブログ】
++『激論!映画と本』ブログ++
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-10-11 01:30 | 国家・ナショナリズム・愛国心
<< アホなオレやけど、今日は『天皇... アホなオレやけど、今日は『天皇... >>