『憲法改正をめぐる言論マップ』をチラシの裏に書いてみました
a0029616_0455911.jpg

■文春新書『日本国憲法を考える』を参考にして、「憲法改正をめぐる言論マップ」をチラシの裏に書いてみました。
参考にしてみてください。

■①~③は護憲派の考え方。
④~⑥は改憲派の考え方。
横軸は、「非現実的」か「現実的」か。
つまり実現可能性があるかどうかということです。

自民党が発表した「自民党憲法草案」は⑥あるいは⑤の立場だと考えられます(ただし安倍晋三の考え方は、④に近いと言われている)。
民主党が発表した「憲法提言」は⑥の立場です。




■まずは護憲派の立場から説明します。

①は偽装的護憲論
社会主義イデオロギーから未だに脱皮できず、護憲の旗をおろすことができない人たち。

■現行憲法は改めて言うまでもなく資本主義を基調としています。
である以上、社会主義を正しいと考えているのならば、社会主義の理念に裏付けられた憲法改正を堂々と提起するべきでしょう。
なのに、この人たちは護憲を唱えています。
偽装的護憲論とは、そういう意味です。
日本共産党はこの立場ですね(かつて日本共産党は『日本人民共和国憲法(草案)』を起草している)。

②は蟻の一穴的護憲論
改憲をすれば、とめどなく進んでしまい、「いつか来た道」に戻りかねないと考えている人たち。

■護憲派の多くがこの立場だと考えられます。
この人たちは国民の良識を信じていないのでしょう。

■高度な情報化社会の今日において、特定政治勢力の利害から「自衛」の美名で侵略を企てたとしても、その嘘を私たち主権者たる国民が見破ることができないはずがありません。
しかも現行憲法の下で民主主義教育を受けた多くの国民は、「いつか来た道」への改正にイエスの判定を下すとは考えられない(「他国と交戦状態になった場合、日本国のために戦うか」という問いに対して、「YES」と答えたのはわずか28パーセントだけ『週刊プレイボーイ』8月23.30日号)。
この論者の方々の思考は時代錯誤的というしかありません。

③は省エネ型護憲論
現行憲法に欠陥のあることを認識しつつ、しかしながらもし改憲ということになれば、多大のエネルギーを必要となるので、従来どおり法律の補充や解釈改憲などで乗り切っていくほうが得策であると考えている人たち。

■法律の補充や解釈改憲で済ませば足りるとの論法は、立憲主義をあまりに軽視するものだと思います。
憲法に重大な欠陥があるのならば、解釈改憲などに頼るのではなく、基本的には憲法改正により是正するべきだと思います。

■次は改憲派の立場を説明します。

④は明治憲法ノスタルジア改憲論
大日本帝国憲法に執着心を持ち、天皇の国家元首化、国軍の新設、国民の義務の増加などを主張している人たち。

右翼の方々が主張している改憲論です。
「国というものには、歴史に裏付けられ民族性を反映した、特有の統治体制における根本的な特質がある。それは憲法以前に存在するものであり、憲法はそれに基礎付けられなければならない」との考え方です。

■こういう主張をする人たちの存在が、「改憲=右翼」という固定観念を国民に植え付け、改憲アレルギーが広がりました。
おそらくほとんどの国民はこのような内容の改正に賛成しないでしょう。

⑤は民族主義的改憲論
歴史、伝統、文化など、古来から伝わってきた日本のアイデンティティを盛り込んだ内容にしなければならないと唱えている人たち。

歴史、伝統、文化などの重要性は認めます。
私たち国民は、先人から受け継いだナショナルヘリテージを、きちんと守っていかなければならないと思います。
でも歴史、伝統、文化などは個人がそれぞれコミュニケーションを通じてその重要性を訴えかけるべきことであって、憲法に明記するべきことではないと考えます。
ナショナリズムに伝統・文化といった具体的な内容を伴わせることは、それを受け入れられない少数者への差別を招来する危険があります。

⑥複眼的改憲論
現行憲法の国民主権、基本的人権の尊重、平和主義という基本原則を遵守し、一方で世界の憲法トレンドを、他方で日本の独自性を斟酌していくべきであると考えている人たち。

■私はこの立場です
私は基本的には現行憲法の考え方(国民主権、基本的人権の尊重、平和主義)に賛成です。

■個人の尊厳(個人一人一人を大切にしようということ)を確保するために国民の基本的人権を保障し、その手段として権力の構成と行使のあり方(統治機構)を定める。
このような現行憲法が拠って立つ近代的な考え方は、多くの国民が支持するものだと思います。

■しかし現行憲法には欠陥があります(憲法9条)。
時代の要請に応じて変えなくてはならない点もあります(新しい人権、地方自治など)。
現行憲法の理念をさらに発展させるべく、改正をするべきです。

【「チラシの裏に書いてみました」シリーズ】
『国家をめぐる政治思想マップ』をチラシの裏に書いてみました
4象限の『論壇思想マップ』をチラシの裏に書いてみました

【憲法改正私案】
国民一人一人が『憲法改正私案』を作ってみようよ!

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2005-11-15 00:56 | 日本国憲法を考えよう
<< 私が考える『日本国憲法改正私案... 【女系天皇問題】皇室を支える「... >>