『憲法9条改正』は諸外国の信頼獲得につながる
a0029616_13511066.jpg

■日本が軍備の面で諸外国から信頼されていないと仮定する。
ならば、私たちは何をするべきか。
それは憲法改正により、憲法9条の文言を明確化することである。

■そもそも不信感は不透明であることから生じるものだ。
不透明―――――――――→不信
「あいつは何をするかわからへん」
そのように思われているから、相手に不信感を生じさせ信頼を勝ち得ないのである。
とすれば、何をすればいいか。

■不透明な部分を透明化すればいい。
不透明―――――――――→透明化
すなわち、自衛隊がいかなるケースにいかなる活動が可能なのか、憲法あるいはその具体化である法律に明確化するのである。
つまり憲法9条の改正である。
不明確な文言―――――――――→明確な文言

歴代自民党政権は、憲法解釈により曖昧なままに自衛隊の活動を拡大化させていった。
小泉内閣もその例外ではない。
例えば集団的自衛権
政府は集団的自衛権の行使を認めていない。
保有は認めているが行使は認めていないのである。
保有―――――――――○
行使―――――――――×

■しかしである。
「後方支援」という名の下に、事実上集団的自衛権の行使を行っている。
政府の解釈では行えないはずの集団的自衛権の行使を、事実上行っているのである。

■後方支援?
アホか。
後方支援とは、正確に訳せば「兵站」のことである。
英語では「logistics(ロジスティクス)」
防衛庁は国民を誤魔化すために「後方支援」と訳している。

■兵站とは、軍事物資(武器、弾薬、食料、燃料、兵員など)の確保・管理・補給のこと。
まさにこれは純然たる戦闘行為ではないか。
誤魔化しはやめろ!

■護憲派の皆さん。
事実状態を無規定に放置する方がよっぽど危険なんですよ。
打ち出の小槌の如く、如何様にも解釈できる憲法のほうがよっぽど危険なんですよ。

■憲法9条を改正するべきです。
文言を明確化して「できること・できないこと」を明らかにし、自民党的なズルズルの誤魔化し解釈に歯止めをかけるべきです。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2006-03-08 14:03 | 日本国憲法を考えよう
<< 【共同体主義】小林よしりんVS... 日本航空(JAL)の内紛劇に見... >>