【自民党総裁選】「ポスト目当て」「情けない」総裁選ですね
a0029616_20421684.jpg

■はじまる前から安倍晋三が総裁になることがほぼ確定している、つまらない自民党総裁選になっていますね。
そのせいか、総裁選への世間の関心はきわめて薄いように感じます。




■新聞報道によると、大方の派閥・国会議員は安倍支持を表明しているようですね。
どうせポスト欲しさゆえでしょうけど。
このあたりが「さすが自民党!」って感じがします。
だって自民党ってのは、政権与党であるが故にまとまっている政党ですからね。
ポストが欲しくてたまらない権力欲の塊のような者たちが、こぞって安倍になびいているのでしょう。

「ポスト目当て」「情けない」 安倍支持へ雪崩現象
「みんなごますりじゃないか」
自民党総裁選で、自前の総裁候補を持たない派閥議員の多くが安倍官房長官を支持する「安倍雪崩」現象。
朝日新聞の一斉取材で、多くの党都道府県連幹部が否定的にとらえていることが浮き彫りになった。
幹部たちは地元の一般党員らの間でも安倍氏支持が圧倒的と見ているが、国会議員たちの動きについては「ポストほしさにすり寄っているようにしか見えない」(大阪の横倉廉幸幹事長)といった突き放した声が目立つ。 ・・・省略・・・

派閥や議員のあり方に疑問を投げかける幹部もいた。宮城の中村功幹事長は「ポストを考えてのこと。政策なんて関係ない」と指摘。
岐阜の宮嶋和弘幹事長は「今の派閥や政治家は、気骨や信念、使命感がなくなっているのではないか。情けない」と嘆く。 (asahi.com)

■県連の人たちも呆れているようですね。
政治家たるもの、最も重要なのは政策のはずです。
総裁になろうとする者は、具体的な政策を掲げて「この指と~まれ」と呼びかける。
本来は、こういうふうでなければならないはずです。

■ところが実際はそうなっていない。
有力候補である安倍晋三にいたっては何ら具体的政策を掲げず総裁選に臨もうとしています。
抽象論のオンパレード
聞くところによると、野党や与党内からつっこまれないようにするために具体論を発表しないという作戦のようです。
いやはや、何とも情けない。

■やはり政権交代しかないですね。
政権交代を実現すれば、早晩、自民党はバラバラになるでしょう。
先程、申しましたとおり、自民党は与党であるが故にまとまっている政党です。
野党に転落すれば、一瞬のうちに自民党は崩壊することになるでしょう。

■民主党も同様です。
民主党が政権を奪取したとしても、必ずやその政権運営は行き詰ると思います。
なぜなら、各議員間において大きな考え方の違いがあるからです。
内部分裂は必至です。

■そうなると何が起こるか。
ガラガラポンです。
政界再編です。
その結果としてイギリスのような二大政党制(保守党と労働党)の誕生を目指せばよいと思います。
新自由主義政策(政府による規制や保障を撤廃・緩和し、市場にお任せをして、民間企業の自由な活動を推進しようとする思想)の政党と、「第三の道」政策(市場経済と個人主義を前提としつつも再配分政策を実行し、格差拡大に歯止めをかけ社会的連帯を維持しようとする思想)の政党との二大政党です。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2006-09-08 20:43 | 政治・経済に一言
<< 大阪護国神社にある慰霊碑の写真だよ 超わかりやすい!「靖国神社と憲... >>