【尼崎市長選挙】白井氏が大差で再選 - 「あまがさきをもっともっと変えよう」
a0029616_3534867.jpg

Excite エキサイト : 政治ニュース
白井氏が大差で再選 尼崎、最年少の女性市長 共同通信
 任期満了に伴う兵庫県尼崎市長選は19日投票、即日開票の結果、女性市長としては全国最年少の無所属白井文氏(46)が、無所属新人で元市議の谷川正秀氏(43)=自民、公明推薦=を大差で破り、再選を果たした。投票率は39・87%で、過去最低だった前回の32・25%を7・62ポイント上回った。
 白井氏は、政党や団体に推薦や支持を求めない「市民型」選挙を展開。情報公開や財政再建などを推進してきた4年間の実績をアピール。共産党や無所属の市議らが支援し無党派層だけでなく、保守層も取り込んだ。
 和歌山県の知事が談合容疑で逮捕されるなど相次ぐ自治体をめぐる事件を背景に白井氏の「公平で、しがらみのない市政運営を続ける」との訴えも支持を集めた。

「地方自治は民主主義の源泉であり学校である」
イギリスの政治家ブライスが、著書『近代民主政治』のなかで論じた言葉です。
この言葉の眼目は、住民の生活に密着した政治を行う地方自治においては住民の意思を政治に反映しやすく、民主政治を実現しやすいという点にあります。

■地方自治体は、国政と比べその規模が小さいために直接住民の声を聞くことが可能です(住民投票)。
しかも画一的にならず、住民のニーズに即した個別具体的な対応が可能です。
地方レベルの政治には、国家レベルにおける民主政を補完する役割が期待されるのです。



■11月19日行われた、任期満了に伴う尼崎市長選
白井文が再選を果たしました。

当 101,388 白井  文 (しらい   あや) 46 現職

  47,487 谷川 正秀 (たにがわ まさひで) 43 自民公明推薦

■公明党が強いと言われる尼崎市。
当初は接戦になると予想されました。
ところがふたを開けてみるとびっくり仰天。
予想以上の大差がつきました。

■白井市長は4年間、情報公開を積極的に進め、市民の意思を市政に反映しようと努力しました。
ブライスの言葉の眼目を実践したのです。

■今回の結果は、このような白井市長の実績を市民の多くが評価した結果といえるのではないでしょうか。
2期目も、市民の目線に立った市政運営を期待したいと思います。
当選おめでとうございます。

【拙ブログ関連記事】
【尼崎市長選挙】後戻りは許されない - 「利権談合政治」と闘う女性市長

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2006-11-20 03:44 | 政治・経済に一言
<< 私の旅日記 - 「秋の有馬温泉... 【郵政造反組・復党】公約は絶対... >>