「日本は共産主義的社会だ!」 ― ホリエモンはリバタリアン
a0029616_21353597.jpg

Excite エキサイト : 国際ニュース
日本は「共産主義社会」 堀江被告が英紙と会見
【ロンドン15日共同】15日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、証券取引法違反罪に問われているライブドア前社長の堀江貴文被告が同紙のインタビューに応じ、表面的には平等な社会に見える日本が実際はエリート官僚が支配する「共産主義的な社会」と主張し、自分は無実の犠牲者だと述べたなどと報じた。

■うん、これは面白い。
ホリエモン節、炸裂!って感じですな。
前にも書きましたが、
【拙ブログ関連記事】
【リバータリアニズム】ホリエモンが衆院選出馬!【ネオリベ】
・【衆院選】僕は、ホリエモンにそこそこ期待するよ
ホリエモンは『日本のクリント・イーストウッド』だった!
ライブドア前社長の堀江貴文の思想はリバタリアニズム(自由至上主義)です。
つまりホリエモンはリバタリアン(自由至上主義者)ってこと。

■リバタリアンとは・・・



リバタリアンとは、政府が国民の生活に介入するのをできる限り防ごうとする、つまり「自分のことは自分でやるから、政府はほっとけ!」という考えの人々のことです。
a0029616_23293654.jpg
チラシの裏に政治思想のマップを書いてみました

■今、大ヒットしている映画に「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」ってのがありますよね。
この2作品の監督をしているのがクリント・イーストウッド
この人もリバタリアンです。
とにかく政府の規制が、だいっきらい!

■ホリエモンもおんなじ。
まあ、つまりホリエモンは日本のクリント・イーストウッドなわけですな。
見た目は全く違うけどね(笑)

■リバタリアンからすると、日本は明らかに共産主義国家です。
なんてったって日本では官僚が威張っていて、権力を独占し、至る所に規制を張り巡らせていますからね。
ってか、リバタリアンじゃなくても、日本は官僚による統制が強い国に見えちゃいます。

■コラムニストの勝谷誠彦の言葉を借りれば、「利権談合共産主義国家」です。
政官業がおもいっきり癒着しまくって、一般の国民のことを無視し好き放題をしています。
a0029616_21101135.jpg

■これは結局、自民党という政党がずっーーと政権を担っているという民主主義国家ではおよそ考えられない異常な状況がもたらした結果ですね。
「絶対権力は絶対に腐敗する」とアクトンが言いましたが、まさにそのとおりの結果になっています。
こういう状況を打破するためには、頻繁に政権交代を繰り返すほかありません。

■すいません、話が逸れてしまいました。
今回の発言は堀江貴文の思想からして自然なことです。
なんてったってホリエモンは日本のクリント・イーストウッドなのだから。

■ホリエモンには次は政治家や暴力団との関係について語ってもらいたいものですな。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2006-12-15 21:18 | 社会の時間
<< 400戦無敗のヒクソン・グレー... 【大阪・姉妹殺害】山地被告に死... >>