松本人志第一回監督作品「大日本人」 - いよっ!待ってました!
a0029616_1303864.jpg

Excite エキサイト : 芸能ニュース
松ちゃん「大日本人」で映画監督デビュー
人気番組を企画・構成し、エッセーを書けばベストセラーの鬼才、ダウンタウンの松本人志(43)が25日、初監督映画「大日本人」(松竹系、6月公開)を発表した。

■いよいよですか。
松本人志第一回監督作品
4年ぐらい前かな?
「松本人志の放送室」というFMラジオ番組で松本さんは「映画を撮ります」と宣言しました。

■それまで雑誌などで「松本人志が映画を撮る」という噂が流れていたのですが、一向に松本さん自身からその事実が語られることはありませんでした。
「松本が映画を撮ったらどんなものとなるのか」
「頭頭」「ごっつ」「ビジュアルバム」「寸止め海峡」など奇才松本人志の作品を見続けている私としては、期待が膨らむ一方でした。



■そんな中での4年前の「映画撮ります」宣言。
しかし長らく音沙汰なし。
順調に撮影が進んでいるのか全く不明。
私は、何時公開されるのか待ち遠しい悶々とした日々を過ごしてまいりました。

■そこで今回のニュース。
いよいよ6月公開!
待ってました!

■内容については全くわかりません。
ラジオの中でもほとんど語られることはありませんでした。
ただわかっているのは、東京タワーで撮影が開始されたということと、バイクが登場するということ。
あと会見で語られた「ヒーローものといえばヒーローもの」「日本の現状も入っている」ということ。

■松本さんの撮る映画だから、良い意味で「なんじゃこりゃ!?」って内容になると思います。
常人には想像つかないものになることでしょう。
ただ、それでも勝手に想像すると、松本人志が今までの作品で見せた、生活をする悲しみを笑いに転化するというタイプになるのじゃないかなと考えています。
楽しみです。

【追記】
竹内力さん、UAさん、神木隆之介くんが出演されるようです。

公式サイト

松本人志 映画の製作発表記者会見(YouTubeの動画)

松本と同期のトミーズ雅のコメント(YouTubeの動画)

松本人志の過去の作品(amazon)

【拙ブログ関連記事】
松本人志監督作品がカンヌへ - 松本の「笑い」はカンヌに理解されるか
『大日本人』を観た - 現代の日本社会を風刺した傑作だと思う

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-01-26 12:14 | 芸能レポート
<< 橋下弁護士が西部邁を批判!宮崎... あの山本モナちゃんが『痛快!憲... >>