宮崎哲弥が日刊ゲンダイを批判! - 「もう、ちゃんとして欲しいよ、ホントに」
a0029616_1133677.jpg

■2月1日放送のABCテレビ「ムーブ!」。
メディアの辻説法師である宮崎哲弥(通称てっちゃん)が、日刊ゲンダイをズバっと斬り捨てました。

■2月1日付の日刊ゲンダイは、
先月、国の賠償を認めないという冷酷な判決(東京地裁)を受けた中国残留孤児に対して安倍総理は支援の拡大を決めたが、これは急落する支持率を回復させるための人気取りではないか
との趣旨のことを報じました。

■これに対して、宮崎哲弥は



日刊ゲンダイってね、ときどきスクープがあって、そこの部分なんて良いんだけど、論評はダメだね~。
あのね、政治の原則を教えてあげます。
政治家の動機が人気取りであろうが政局であろうが、良いことをやれば良いの。
結果責任なんだから政治っていうのは。
そこを押さえた上で、じゃあ日刊ゲンダイは何を言うべきかというと、東京地裁の不当判決を批判すべきでしょう。
もう、ちゃんとして欲しいよ、ホントに。

■そうそう、てっちゃんの言うとおり!
政治家の責任ってのは、結果責任です。

■たとえ一切の私心がなくお国のために全身全霊を傾けて、とある政策を実行したとしても、結果として国民に損害を与えたならば、政治家失格(政治責任を負う)。
逆に、自分の私益実現というドロドロギラギラとしたあくどい目的のために、とある政策を実行したとしても、結果として国民の利益になったのなら、その政治家は英雄です。

「結果よければ全て良し!」なんですよ。
なのでもし、日刊ゲンダイの言うとおり安倍総理に急落した支持率の回復という浅ましい目的があったとしても、そんなのかまいやしません。
結果として、中国残留孤児の方々の生活のために良いことをしたのだから我々国民は「ようやった!」と称賛の言葉を送るべきだと思います。

■以前、私は、あるブログのコメント欄に
国民を路頭に迷わせた東条英機などの当時の指導者の責任は重い
と書いたところ、激烈なる批判を受けました。
当時としては、致し方なかったではないか!
と。

■そんなの知るかいな。
そりゃたしかにね、結果として帝国主義諸国の植民地が次々と独立したという側面はありますよ。
その点は正当に評価しなければなりません。

■でも結果として多くの日本人の生命・身体・財産を奪う事態を招き、多くの日本人を路頭に迷わせたわけです。
この結果責任はとてつもなく重いですよ。
政治家の責任は結果責任だっつうの!

■政治家の皆さん(まあ、政治家がこのブログを見ているわけがないが)、国民のために良い結果が出るように頑張ってください。
多少の悪事は許します。
ものすごい悪事はダメだよ。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-02-05 01:24 | 政治・経済に一言
<< 愛知県知事選と北九州市長選の結... 『女性は産む機械』発言の根底に... >>