憲法と法律ってどういう関係なの? - 小学生でもわかる!
a0029616_028675.jpg

a0029616_0293074.gif俺はこの前、憲法とは<国民からの統治権力への命令であり、統治権力の義務規定>と書いた。
読んだか?

a0029616_030167.gifああ、読んだよ。
じゃあさ、聞くけどさ、国民の義務はどうなるんだ?
国民には義務があるだろ?

a0029616_0293074.gifああ、あるな。
お前、法律って知ってるか?

a0029616_030167.gifおまえ、なめとんか!
そんぐらい知ってるに決まってるだろ。
墾田永年私財法とかだろ?

a0029616_0293074.gifおまえ、いつの話してんだよ!
じゃあ聞くが法律と憲法とはどう違う?

a0029616_030167.gifむむむ・・・憲法は法律のエライやつだろ?


a0029616_0293074.gifなんだそりゃ!?
法律とは、<統治権力からの国民への命令>だ。
憲法と法律とは、命令の主体と客体(宛先)が真逆。
わかりやすく図式化するとこういうことだ。
<憲法>  国民    ⇒⇒⇒(命令)⇒⇒⇒ 統治権力
<法律>  統治権力 ⇒⇒⇒(命令)⇒⇒⇒ 国民

a0029616_030167.gifなるほど。


a0029616_0293074.gifお前、憲法30条を見てみろ。
これは要するにだな、「国民が負う納税の義務は法律で定めろ」と国民が統治権力に対して命令しているわけだ。

a0029616_030167.gifうん。


a0029616_0293074.gif統治機構を運営していくためには金が掛かる。
国民が負担しなきゃならない。
でも、政府が勝手に国民の負担を決めるな!
法律(国民の代表者で構成される国会で法律は作られる)で定めろ!
ということだ。

a0029616_030167.gifなるほど、そういうことか。


a0029616_0293074.gif法律ってのは、憲法が許容する枠内でのみ定めることができる。
つまり<国民からの統治権力への命令>の範囲内で、<統治権力からの国民への命令>を定めることができるってわけだ。
a0029616_361767.jpg

a0029616_030167.gifなるへそ。


a0029616_0293074.gifもし範囲をはみ出せば、その法律は憲法違反となる。
違憲無効だ。
例えば、昔、刑法200条というのがあった。
尊属殺人の規定だ。

a0029616_030167.gif聞いたことあるな。


a0029616_0293074.gifこれは憲法14条の「法の下の平等」に反するということで違憲無効となった。
刑法200条は、国民からの統治権力への命令の範囲外の、統治権力からの国民への命令だったというわけだ。

a0029616_030167.gifなるほど、そうか。
ということは、三世一身法は日本国憲法の範囲内だから・・・いや、えっーと範囲外か・・・

a0029616_0293074.gifいや、だから時代が無茶苦茶だっつうの!

【オススメの憲法の本】
小室直樹著『日本人のための憲法原論』
長谷部恭男著『憲法と平和を問いなおす』

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-05-12 01:02 | 日本国憲法を考えよう
<< 宮崎哲弥と宮台真司がインターネ... 尾道 >>