松岡農水相自殺 - 「闇」に光を当てるために
a0029616_0573960.jpg

Excite エキサイト : 社会ニュース
<松岡農相>議員宿舎で首つり 遺書見つかる
28日午後0時半ごろ、東京都港区赤坂2の衆院赤坂議員宿舎1102号の自室で、松岡利勝農相(62)が首をつっているのを秘書らが見つけ119番した。救急隊員が駆けつけたが心肺停止状態で、搬送先の慶応大病院(新宿区)で、同日午後2時に死亡が確認された。室内から遺書が見つかっており、警視庁赤坂署は自殺とみて関係者から事情を聴いている。松岡農相は事務所の政治資金問題や官製談合事件で告発された「緑資源機構」の関連団体からの献金問題で野党から追及され、世論からも批判を浴びていた。

■おそらくこの一報を聞いて多くの国民がこのように思ったのではないでしょうか。
「もしや、消されたのでは?!」
大変に不謹慎ではありますが、私もそう思ってしまいました。

■今日、放送された「ムーブ!」(ABCテレビ)。
コラムニストの勝谷誠彦が、コンマ何パーセントのかなり低い可能性と前置きしながら、他殺の可能性について言及していました。
中川一郎さんの(自殺の)ときも自殺なのか(疑問の声が)あるわけですよ、それだけ農林水産に関する利権というのは巨大でアンタッチャブルな部分があるんです。




■松岡農水相が「消された」のかどうかはさておき(おそらく報道の通り、自ら命を絶たれたのだと思う)・・・
この一連の動き(緑資源機構の官製談合事件など)を見て思うことは、政官業暴の癒着した日本社会の闇の部分に光が当てられる日が、将来、訪れることはあるのかということです。
この「闇」が日本社会の公正さを阻害しているということは、改めて言うまでもありません。

■中国などを見れば明らかの通り(中国の場合は伝統的に汚職の国との側面もあるが)、一つの政党が政権を担い続けることは、大変に不健全です。
社会を不公正なものとします。
利権を有する一部の者のみが多大なる利益を享受でき、それ以外の者は利益を享受できないという不公正な社会。

■この状況を打破し公正な社会を作るための必要条件は、政権交代です。
なぜなら与党・自民党は政官業暴の癒着構造を基盤として成立しているからです。
もしあなたが日本を良くしたいとお考えならば、つまり愛国者であるならば、政権交代に向けて行動をするべきだと思います。

【追記】
驚きました。
掲示板「2ちゃんねる」において、松岡利勝農相の自殺2日前に事件を予見していた書き込みがあったようです。
もしこれに書かれていることが事実だとしたら・・・
http://anond.hatelabo.jp/20070529105309

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-05-29 00:58 | 政治・経済に一言
<< 【生き埋め殺害】元東大阪大生ら... 【東大阪大生リンチ殺人】主犯格... >>