宮崎哲弥が選ぶ!絶対必読の新書
a0029616_2254447.jpg

評論家・宮崎哲弥が選ぶ!絶対必読の新書
「日本人の知」をパッケージした絶対必読の「新書」17冊(SAPIO2006年10月25日号)より

通勤・通学のお供として新書を読んでみてはいかが?
激動の時代を生き抜く知性を手軽に身に付けることができます。
たぶん。

自由主義の再検討
藤原保信

憲法と平和を問いなおす
長谷部恭男

憲法とは何か
長谷部恭男

国際政治とは何か-地球社会における人間と秩序
中西寛

日本の「ミドルパワー」外交
添谷芳秀

アメリカ外交とは何か-歴史の中の自画像
西崎文子

日本とフランス 二つの民主主義-不平等か、不自由か
薬師院仁志

インターネットの法と慣習-かなり奇妙な法学入門
白田秀彰

歴史学ってなんだ?
小田中直樹

<子ども>のための哲学
永井均

入門!論理学
野矢茂樹

インド人の論理学-問答法から帰納法へ
桂紹隆

仏教の源流-その知と信
山崎勇夫

お葬式をどうするか-日本人の宗教と習俗
ひろさちや

キリスト教を問いなおす
土井健司

夢の科学-そのとき脳は何をしているのか?
アラン・ホブソン著/冬樹純子訳

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-06-07 00:43 | オススメの本
<< 自衛隊が国民を監視 ― シビリ... 【生き埋め殺害】元東大阪大生ら... >>