【大阪・姉妹殺害】控訴取り下げ死刑確定
a0029616_1202416.jpg
大阪・姉妹殺害、控訴取り下げ死刑確定
大阪市浪速区のマンションで05年11月、姉妹2人を刺殺して現金を奪ったなどとして強盗殺人罪などに問われ、大阪地裁で死刑判決を言い渡された山地悠紀夫被告(23)は1日までに、弁護側の控訴を取り下げた。死刑が確定した。弁護人によると、山地被告自身は控訴に消極的だったという。判決によると、山地被告は05年11月17日未明、浪速区のマンションで、上原明日香さん(当時27)、千妃路さん(同19)の胸などをナイフで刺して殺害。現金5000円などを奪って室内に放火した。山地被告は00年7月、山口市の自宅で母親(当時50)を金属バットで殴って殺害。少年院送致となり、03年10月に退院していた。
http://osaka.nikkansports.com/news/p-on-tp6-20070602-207537.html

■先日、山地悠紀夫に言い渡された死刑判決が確定しました。
接見した弁護士に対し山地悠紀夫は、
「生きていても仕方がない」
「生まれてこない方がよかった」
「年内(07年)には死刑執行される」
などと話したそうです。

■一方、殺害された姉妹の父、上原和男さん(58)は
「死刑は当然です。いくら死刑になっても大事に育ててきた娘は帰ってこない。事件が二度と起きないように、国が厳しく罰することが必要と思う」
と話しました。

■前にも書きましたが、彼の犯した罪の重さから考えると、山地悠紀夫の死刑は当然です。
ただし、国が厳しく罰することだけでは、この事件のような死刑になることを恐れない者による自暴自棄型・脱社会型の犯罪を防ぐことは難しいと思います。

■「他人からの承認なんか必要ない」と、社会から離脱する者が出現しにくくなる社会を作る必要があると思います。
つまり誰にも「居場所」がある社会です。

【拙ブログ関連記事】
1、大阪姉妹殺害事件 - 「居場所」なき者の犯罪
2、【大阪姉妹殺害】23歳被告に死刑求刑 ― 語られなかった反省の言葉
3、【大阪・姉妹殺害】山地被告に死刑判決 - 裁判を傍聴して感じたこと
4、【大阪姉妹殺害】弁護人が大阪高裁に控訴

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-06-13 00:06 | 犯罪・刑罰・裁判
<< 松岡利勝前農水相「自殺」の謎 ... 自衛隊が国民を監視 ― シビリ... >>