小林よしのりと宮台真司が激突! - 「右翼も左翼も束になってかかってこい」
a0029616_19073.jpg

■ここ数日、雨ばっかりですね。
梅雨だからしょうがないんだけど、ジメジメして鬱陶しい毎日です。
こういうときは、家でゆっくり動画を見るのが一番。



■ということで、「神保・宮台のマル劇トーク・オン・ディマンド」
毎回、多彩なゲストを招き討論を繰り広げるこのマル劇。
今や、視聴者がものすごい数になっているそうです。
もうすぐしたらテレビを抜くんじゃないでしょうか。

■今週のゲストは、「よしりん」こと漫画家の小林よしのりと哲学者の萱野稔人です。
宮台真司と小林よしのりの激突です!
かつてはお互い論敵として激論を繰り広げた二人ですが、9.11以降接近。
今や、二人の主張は似てきました。
これは面白い。

■テーマは「右翼も左翼も束になってかかってこい」
日本にはエセ右翼エセ左翼が跋扈しています。
「いやいやいやいや、お前らは右翼(左翼)じゃないよ。単なるヘタレだ。」
そう言いたくなる奴が世の中にはいっぱいいます。

■宮台真司が言うところの「根を持つがゆえに翼を持つ」かわりに「根がないゆえに柱にすがる」依存的なヘタレたちです。
自分探しに行き詰まり疎外感を抱くがために、崇高なる国家共同体と自己とを一体化する自称「右」。
同じく反国家・反権力運動の中に埋没し思考停止する自称「左」。

■3人の論客がこのヘタレ右翼・左翼を徹底的に切り刻みます。
おススメです!(今回は「5金」なので無料で見ることができます。登録も不要)
http://www.videonews.com/on-demand/321330/001103.php

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-07-03 01:12 | 社会の時間
<< 『大日本人』を観た - 現代の... 【朝鮮総連・仮装売買】この事件... >>