<寝屋川教職員殺傷>1審破棄し少年に懲役15年 - 少年への適切な処遇を期待したい
a0029616_026444.jpg

Excite エキサイト : 社会ニュース
<寝屋川教職員殺傷>少年に懲役15年 1審破棄し量刑増
 大阪府寝屋川市立中央小学校で05年2月、教職員3人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた当時17歳の卒業生の少年(19)に対する控訴審判決が25日、大阪高裁であった。古川博裁判長は、懲役12年(求刑・無期懲役)を言い渡した1審・大阪地裁判決を破棄し、懲役15年を言い渡した。広汎性発達障害と診断された少年の処遇や量刑が争点だったが、古川裁判長は1審同様、刑事罰を選択。結果の重大性などから、1審よりさらに重い量刑とした。

 古川裁判長は、1審判決が、障害が犯行に与えた影響を認めながら、少年法の規定に基づき有期刑(10年以上15年以下)を選択した点について「合理性があった」と指摘。そのうえで「有期刑を選択した時点で、被告に有利な事情を考慮したとみなすことができ、上限の懲役15年を科すべきだ」と述べた。判決言い渡し後に「どうして事件を起こしたか、どう償うのかを関係者の力を借りて考えることを強く望む」と少年に語りかけた。

 裁判では、少年の障害と責任能力の関連も争点になった。古川裁判長は「犯行直前まで合理的な行動をしており、行動抑制能力が著しく減退した状態でなかった」と認定。「責任能力は個々の言動で判断すべきで、障害を有するだけで責任能力が減退しているとは言えない」と判断した。

 控訴審で弁護側は「更生には障害に焦点をあてた矯正教育が必要で保護処分(少年院送致)が相当」として、少年法55条に基づく家裁移送の決定を求めていた。この点について判決は、広汎性発達障害に関する少年刑務所と少年院の処遇に差があるとしつつも、「刑務所の処遇能力に根本的な不備があるとは言えない」と判断し、少年刑務所での処罰が妥当とした。 判決などによると、少年は同小在学中、同級生からいじめられていると感じ、担任教諭に否定的な感情を抱いていた。その後、引きこもり生活の中で加害空想を抱くようにもなり、担任教諭らを刺そうと計画。05年2月14日午後3時ごろ、同小に包丁2本を持って侵入。担任が不在だったため、鴨崎満明教諭(当時52歳)を刺殺、女性教職員2人を刺して重傷を負わせた。【遠藤孝康、川辺康広】

広汎性発達障害という障害を持つ者に対しては、早期の段階における診断・ケア・教育が必要であると言われています。
というのも、この障害の特徴として他者との臨機応変なコミュニケーションが取りにくいというものがあり、それゆえ周囲の誤解や不適応がもとで被害意識を抱き、精神的に追い詰められるということがままあるからです。



■今年の4月から広汎性発達障害を支援する教育が義務化されるようになり、教育現場での支援が充実し始めていると聞きます。
ところが現在、障害の有無を診断できる精神科医の数は絶望的に少なく、何年も待たなければ診断を受けることができないようです。

■いくら教育現場が充実しても、診断を受ける機会が失われていれば教育支援の段階には移行できません。
医師不足の問題をいち早く解決しなければならないと思います。

■この事件の被告人は、事件を起こすまで障害の事実が明らかになることはありませんでした。
もし早い段階で障害の事実が発見され、適切な対応を受けていればこのような凶悪事件を起こすことはなかったでしょう。
悔やまれてなりません。

■この高裁判決が確定すれば、被告人は少年刑務所に収容されます。
元衆議院議員の山本譲司氏などの尽力により、最近、障害者に対する刑務所の処遇が適切なものに改善される傾向にあるようです。
障害を持つ被告人に少しでも謝罪の念が生じ贖罪の意識が芽生えるよう適切な処遇がなされることを期待したいです。

【追記】
上告せず懲役15年確定へ 大阪・寝屋川の校内殺傷 共同通信
大阪府寝屋川市立中央小学校で05年、教職員3人が殺傷された事件で、大阪高検は31日、殺人罪などに問われた卒業生の少年(19)を懲役15年とした25日の大阪高裁判決について、上告しない方針を決めた。少年の弁護士も「裁判長期化を避けたい」としており、上告期限の11月9日午前零時に判決確定の見通し。高検は「適切な上告理由が見いだせない」と説明。少年は「裁判の結果を受け入れる」と話していたという。

判決後、少年は「何ら不服はありません。自分のやったことを考えれば当然と思います」と述べていたようなので、「やはり」という感があります。
上に書きましたとおり、少年に適切な処遇がなされ、贖罪の意識が芽生えるような教育がなされることを期待したいです。

【拙ブログ関連エントリー】
1.寝屋川教職員殺傷事件公判を傍聴して・・・
2.【寝屋川・教職員殺傷】広汎性発達障害を持つ少年への処遇は如何にあるべきか

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-10-26 00:36 | 犯罪・刑罰・裁判
<< 【薬害C型肝炎問題】国民の命よ... 小学生でもわかる!テロ対策特別... >>