先発補強まだまだいく!南球団社長が予告
a0029616_315899.jpg

先発補強まだまだいく!南球団社長が予告
阪神南球団社長は6日、金村に続く先発陣補強を予告した。「先発は何人いてもいい。3人でも4人でも5人でも。まだ十分じゃないし、まだまだ積極的にいきますよ」。さらなるトレードや新外国人補強に乗り出し、先発陣の層を厚くする方針を示した。FA選手の獲得可否が新外国人のポジションにからんでくることから「(FA選手の動向が)11月に中にメドがつけばいいんだけど」との希望を口にした。
http://osaka.nikkansports.com/baseball/professional/tigers/p-ot-tp0-20071107-279935.html

■これはつまり、広島カープから新井貴浩の獲得に成功すれば、浜中治を交換要員にして他球団から先発投手を獲得する意向があるということですね。



■浜中は阪神タイガース期待の生え抜きの右の大砲。
本当は手放したくない選手なのですが、右肩の故障を考えるとDHで出場できるパリーグへ移籍する方が彼にとっても好ましい選択だと思われます。

■おそらく千葉ロッテの先発投手とのトレードになるのではないでしょうか。
巷間噂されているのが、久保康友清水直行
今シーズンは成瀬が台頭してきたとはいえ、清水はロッテのエース。
阪神側の交換要員が浜中とはいえ、ロッテが清水を放出するとは考えにくいです。

■となると久保がロッテ側の交換要員になるのではないかと思います。
久保といえば、いわゆる松坂世代
高校時代、関大一高のエースとして甲子園球場で、横浜高校のエース松坂大輔と投げ合った場面は今も記憶に新しいです。

■今シーズンの阪神は特に後半、先発投手の不甲斐無さに泣かされました。
来シーズンに向けて先発投手の整備が急務です。
金村に続き久保を獲得して、来シーズンのV奪回を確実なものにしてもらいたいものです。

■あと、できれば大学生・社会人ドラフトで東洋大の大場翔太を獲得できれば文句なしなんだけどな。
関学の宮西尚生でもいいけど。

大場翔太のピッチング(YouTube)
宮西尚生のピッチング(YouTube)

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2007-11-08 02:49 | 我が阪神タイガースを語る
<< 【大連立騒動】ナベツネに告ぐ ... 自民・民主両党は政策協議を開始... >>