【チベット問題】宮崎哲弥が日本の仏教界に忠告する
日本の仏教界は何で黙っているのでしょうか?
同じ仏教徒が弾圧されています。
日本の各宗門の方々、寺院の方々、ぜひともこの仏教に対する弾圧を法難と考えて、中国政府に対して厳しい抗議を行うべきだと思います。
日本の仏教界はこのまま黙っていれば国際的な恥ですよ。

(3月17日放送の「ムーブ!」より博覧強記のキャベツ畑人形 宮崎哲弥の発言)

日本の仏教界は、この状況を見て見ぬふりをするのか。
あるいは何らかのアクションをとるのか。
同じ仏教徒が弾圧されているのにもかかわらず「知らぬ存ぜず」。
これではチベット仏教を弾圧する中国政府と同罪と言えるのではないか。
私も宮崎哲弥と同じく日本の仏教界が中国に対して厳しい態度をとることを期待したい。

【追記】
全日本仏教会がチベット問題についての声明を出されました。
チベット情勢についての声明

チベット問題を宮崎と勝谷がズバッと断罪 1of2(YouTube)
チベット問題を宮崎と勝谷がズバッと断罪 2of2(YouTube)
Miayazaki urges Japanese priests to defend Tibetan buddhists (YouTube)

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-03-18 03:15 | 社会の時間
<< 日銀総裁人事 ― せっかくだか... 【親族連続強殺】松村恭造被告人... >>