いよいよ2008年パリーグ開幕! - 順位予想をしてみました
a0029616_2521010.jpg

■いよいよ明日、パ・リーグが開幕します。
オリンピックの影響なんでしょうか?
選抜高校野球よりもプロ野球のほうが先に開幕するという異例の事態でありますが、今季もエキサイティングな試合を期待したいです。

■今シーズンのパリーグは戦略の差がほとんどないように感じます。
東北楽天イーグルスも野村イズムが徐々に浸透してきており、力をつけてきました。
今シーズンはどこのチームも優勝のチャンスがあると思います。
ということで、僕の順位予想です。




1位 福岡ソフトバンクホークス
斎藤、馬原、和田など投手陣のケガ人の多さが気がかりであるが(斎藤は今季絶望のようだ)、層の厚さで十分にカバー可能。大隣、大場といった若手投手陣が斎藤や和田の穴をしっかり埋めてくれると思う。
今シーズンは王貞治監督最後の年。いつも以上に選手が奮起する年となることであろう。松中の復活に期待したい。

2位 千葉ロッテマリーンズ
小林雅、薮田という投手陣のかなめが抜けたが、新入団のアブレイユとシコースキーがそこそこ期待できる。新人の伊藤の評判が高い。抑えあるいは中継ぎでの活躍が期待できると思う。
成瀬、小林、清水、小野、渡辺、久保といった先発投手陣は相変わらず充実している。
去年振るわなかった打線は、今年は期待できそうだ。

3位 北海道日本ハムファイターズ
守備力は12球団ナンバー1。しかしいかんせん攻撃力が弱すぎる。昨年はヒルマン監督がバントを多用し、手堅い攻めでチャンスを確実にものにしてきた。しかしヒルマンはもういない・・・
「いてまえ打線」で近鉄を優勝に導いた梨田新監督の「いけいけどんどん」の采配では、日ハムを優勝へと導けないであろう。

4位 埼玉西武ライオンズ
カブレラ、和田の長距離砲が抜けたが、中島をはじめとする将来有望な若手が成長してきており期待できる。投手陣は石井一、岡本真が加入し、層が厚くなった。
渡辺監督一年目の今年、黒江コーチのサポートの下、昨年の雪辱を晴らせるか。

5位 東北楽天イーグルス
惜しい!長谷部の離脱がなかったら上位に食い込めたのに。
超ベテランの山崎が昨年のような活躍ができるか疑問である。フェルナンデスもむらがあり、不安である。
田中、岩隈につづく先発投手が出てくるかどうか。今年こそ、一場の活躍に期待したい。
個人的には応援しているチームなので、知将・野村監督の采配でミラクルを起こしてもらいたいと思う。

6位 オリックスバッファローズ
エースの平野の故障はいたすぎる。どうやら前半戦絶望らしい。
ラロッカ、カブレラ、ローズといった長距離砲を揃える打線の破壊力は凄まじいものがあるが、投手陣にかなりの不安が残る。コリンズ監督を一部選手との確執も気になる。
投手では金子、野手では大引がどこまでチームを引っ張ることができるかが浮上のキーとなろう。個人的には浜中に期待している。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-03-20 02:52 | スポーツ大好き
<< 日銀総裁人事 - 今の日本に「... 日銀総裁人事 ― せっかくだか... >>