映画「靖国」騒動 - 右翼団体から日本を守れ!映画館関係者よ、毅然とした態度をとれ!
a0029616_3402693.jpg

Excite エキサイト : 社会ニュース
映画「靖国」配給元が4月の封切りを中止  J-CASTニュース
李纓(リー・イン)監督によるドキュメンタリー映画「靖国」の配給元、ナインエンタテインメントとアルゴ・ピクチャーズは2008年3月31日、4月12日に予定していた映画の上映を中止すると発表した。配給元によると、映画が反日的であるとする上映予定館への嫌がらせやトラブルを警戒したためという。すでに新宿バルト9が中止を決めていた。今回はそれに続くもので、銀座シネパトス、渋谷Q-AXcinema、シネマート六本木、シネマート心斎橋の4館。同作は、香港国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞しており、配給元は、「このような事態に陥ったことを大変遺憾に思いますし、日本社会における言論の自由、表現の自由への危機を感じております」とコメントしている。

■僕な、思うねんけどな、別に稲田朋美は悪くないと思うねん。
いや、ちゃうでちゃうで、僕が熟女好きだからとちゃうで。
って、別に熟女好きとちゃうわ!
ロリコンじゃ、ボケ!

「靖国 YASUKUNI」って映画をめぐって、騒動が起きてるやんか。
その発端ってのはな、自民党の稲田朋美が「こんな映画に助成金を交付すんなや」って怒って、公開前に国会議員向けの試写を要求したことにあるそうやねん。
一部に、この稲田の行為を「表現行為に対する圧力だ!」とか言って批判している奴がいる。
そうかなぁ?



■だってさ、稲田は助成金の交付の妥当性を問題視しただけなんやで。
上映の当否を問題にしたわけやない。
国会議員ってのはな、立法府のメンバーとして行政を監督する責務があるわけよ。
僕たちが納めた税金が適正に使われとるかチェックするという仕事があるわけです。
稲田の行為はその一環と見ることができるんとちゃうの?

■しかもやで、「無形の圧力を受けた」って言うけどな、そんなんそれに屈しなかったらええだけの話やんか。
なんで「ぼくちゃん、怖いよー、もう上映するのやーめた」なんて言っちゃうのよ。
デモクラシーってのはさ、「そこにあるもの」じゃないんだよ。
日々の努力で獲得し、育てるものなんだよ。
圧力に屈するなよ!

■え?「右翼団体が抗議してきたから上映を止めた」だって?
あのね、こういう抗議をしてくる連中なんてものは、いつの世にも山ほどいるわけ。
いちいち反応してたらキリがないって。

■映画館の前にやで、街宣車を乗り付けて大音量で演説する右翼団体を支持している人なんてほとんどいないよ。
どう考えても彼らが行動すればするほど、右翼のイメージが悪くなるんだから。
「右翼ってキモイよね」ってね。
企業を脅して金を巻き上げて活動資金にしているどうしようもない連中なんてほっといたらいいよ。

■え?「危害を加えられたらどうすんだ!」って?
じゃあ、警察を呼びなさいよ。
脅迫罪、強要罪、威力業務妨害罪・・・
いろんな罪でしょっ引くことができるから。

■それにね、あんたら、デンマークでさ、ムハンマドの風刺画を命がけで載せてデモクラシーを守った雑誌編集者の人たちを知ってるでしょ?
この人たちを見習いなさいよ。
映画館関係者ってのは、自由な言論を守るというプロ意識を持つべきだよ。

■妨害に対して毅然とした態度をとってよ。
僕も気合いを入れて観に行くからさ。
右翼団体から、我が日本を守るために。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-04-05 03:49 | 社会の時間
<< 【チベット問題】お二人のお坊さ... マスゴミの報道を鵜呑みにしたら... >>