公明党のバックアップで麻生太郎総理大臣誕生か - 麻生さんに靖国神社改革をやってもらいたい
a0029616_1551134.jpg
「安倍官邸は崩壊した。福田官邸は元々存在しない」

■これは、『官邸崩壊』の著者、ジャーナリスト・上杉隆をゲストに招いて放送された「博士も知らないニッポンのウラ」第31回の中での、評論家・宮崎哲弥の発言です。
今回の福田首相の突如の辞任劇により、名実ともに福田官邸は「存在しない」ことになってしまうことになっちゃいました。
ありゃりゃ。

■識者の意見を総合すると、今回の突如の辞任劇の原因はどうやら公明党が作ったようです。
「福田じゃ、都議選で惨敗するから、とっ替えてくれ!」
このように、自民党に対してあからさまに「福田辞職」を要求したことが辞任の原因のようですね。

■では、公明党はなにゆえに都議選(東京都議会選挙)を重視するのか?



美少年好きのコラムニスト・勝谷誠彦によれば、そのヒントは週刊朝日2008年9月12日増大号にあるそうです。
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=9702

■この週刊朝日の記事によると、公明党の都議のほとんどが、新銀行東京が回収することができず闇に消えてしまった金の融資についての口利きをやっていたそうです。
公明党はその追及を恐れてるのだそう。
だから、都議会の多数派形成のため、都議選に全精力を傾けているのだそう。
まあ、ホントかウソかわかりませんが。

■いずれにせよ、自民党は公明党なしでは政権を維持できないわけです(公明党の票がなければ自民党は約80議席失う)。
なので、自民党は、公明党の言われるがままの存在
早速、自民党は、支持率の低い福田首相を辞職させました。

■では次の総理・総裁は誰になるのかというと、ほぼ麻生太郎で間違いないようです。
なんてったって、麻生太郎は公明党と大の仲良し
蜜月関係。
早速、公明党の浜四津代表代行が麻生支持を表明しました(おそらく麻生新総理は総理就任後、公明党の要求通り「バラマキ」を行うでしょう)。

■僕もどちらかというと麻生支持ですね。
なぜかというと麻生太郎は改革派だから。
あっいやいや、ここでいう「改革」とは、ネオ・リベラル的な構造改革(いわゆる小泉的改革)の意味ではありませんよ。
靖国神社の改革のことです。

■かつて麻生太郎は靖国神社の改革案を発表しているんですよね。
靖国神社の今後について ― 麻生発言を聞いて
【靖国神社改革】麻生太郎案はなかなか良いぞ!
僕はこれに大、大、大賛成です。
麻生太郎新総理には、総理就任後真っ先にこの案の実行に着手してもらいたいです。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-09-03 02:11 | 政治・経済に一言
<< 日本国民は国賊・自民党にナメら... テツオを食べた >>