見えてきた! 政(自民党)・官(農水省)・業(三笠フーズ)との癒着関係 - 国民の命を蔑ろにする構造
a0029616_015524.jpg
上図は加藤秀治郎著「はじめて学ぶ政治学」を参考にして作成した一般的な「政官業の癒着構造」の図です。

・三笠フーズと自民党との癒着

【事故米不正転売】三笠グループ会社が自民支部に献金 4年間で112万円

記者会見で二重帳簿の偽装工作は「自分の指示」と述べた「三笠フーズ」の冬木三男社長=6日午前、大阪市北区 三笠フーズ(大阪市)による事故米の不正転売問題で、同社のグループ会社2社が、平成15~19年の5年間に、大阪市内の自民党支部に計112万円の政治献金をしていたことが18日、分かった。支部側は「正当な献金」として、返還しない意向を示している。

 政治資金収支報告書などによると、献金したのは、三笠フーズの冬木三男社長(73)が社長を兼務する米穀卸会社「辰之巳」と小売会社「辰之巳米穀」。両社とも自民党大阪市鶴見区第3支部に、15年は各8万円、16~19年には各12万円を献金していた。

 同支部の代表は、元参議院議員、坪井一宇氏の妻、まき氏。15年に大阪市議選(鶴見区)に立候補したが落選している。

 妻の代理として一宇氏が産経新聞の取材に応じ、「20年以上前から冬木社長と知り合いで献金を受けた。三笠フーズと辰之巳が同じだったとは報道があるまで知らなかった。事故米の転売には憤っている。議員時代を含め、米に関する仕事を頼まれたこともない」としている。

 辰之巳は昭和53年設立。信用調査会社によると、もとは三笠フーズと辰之巳米穀の資産管理会社だったが、今年5月、辰之巳米穀と合併した。不正転売問題では、三笠フーズとともに不正競争防止法違反罪で熊本県警に告発されている。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080918/plc0809181332009-n1.htm


・三笠フーズと農水省との癒着

三笠フーズ社長、不正転売時期に農政事務所元課長を接待

 米穀加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市北区)が汚染された工業用の「事故米」を食用に転売していた問題で、農林水産省大阪農政事務所の元消費流通課長(62)(退職)が在職中の2005~06年、同社の冬木三男社長(73)らから飲食接待を受けていたことがわかった。

 同課は、事故米の販売管理や業者の監督・指導を担当している。農水省は、利害関係者との会食などを原則禁じた国家公務員倫理規程に違反する疑いがあるとみており、他に同様のケースがないか、全国で緊急調査をしている。

 農水省などによると、元課長は、04年4月~06年3月、大阪府内の米の流通業務を管轄する同事務所消費流通課長を務め、事故米の販売管理や業者の監督・指導も担当していた。元課長は05年~06年に2度、大阪市内の焼き鳥店で冬木社長ら同社関係者数人と飲食をともにした。代金は三笠フーズ側が支払ったという。

 読売新聞の取材に元課長は「『焼き鳥店を開業するので味をみてほしい』と言われ、少しはしをつけただけ。2度目は飲食していない。便宜を図ったことはない」と話している。

 接待を受けた時期は、三笠フーズが事故米を不正転売していた時期にあたり、松浦克浩・大阪農政事務所長は「公務員にあるまじき行為。おわびを申し上げたい」と話した。

「絶対権力は絶対腐敗する」
アクトン卿というイギリスの偉い歴史家が言った有名な言葉です。
まさに今の日本の状況を言い当てた言葉であると言えると思います。

国民の命を蔑ろにする癒着の構造。
この構造は、自民党という政党が長期にわたって政治権力を独占し続けた結果です。
全体主義国家ならともかく民主主義国家においてこのような一党支配を続けている国は世界的に見てほとんど例がないことです。

■一党支配により生じる弊害は、自浄作用が働かないことです。
そりゃそうですね。
政権交代が頻繁に起こる国では、自浄作用が働き腐敗が生じにくいと言われています。

■世界のほとんどの国では、政権交代が頻繁に起こります。
日本は例外です。
それゆえ、政治が腐敗します。

■それにより、被害を受けるのは国民です。
しかし一党支配の状態を作り出しているのは国民です。
私たちは選挙において投票する権利を持っています。

■投票により変えることができるのです。
この腐敗した政治を一掃できるのです。
来る衆議院総選挙。
We can change! Yes we can.

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-09-21 14:48 | 政治・経済に一言
<< 【麻生太郎総理誕生】ちょ、ちょ... 薬害肝炎原告の福田衣里子さんが... >>