早々と「野党」になってしまった自民党 ― 与党と野党の役割って何だろう?

a0029616_234662.jpg
麻生首相が初の所信表明 衆院選へ向け民主党攻撃

■たぶんね、麻生太郎総理大臣は頭の中がパニックになって、もう既に自民党は野党に転落していると勘違いされていたと思うんですよ。
金融危機、汚染米、消された年金・・・そして失言、辞任・・・
麻生太郎総理は、パ二クっておられるのではないだろうか。



■・・・なんて思わず考えてしまう、ひどい内容の所信表明演説でした。
だってね、自分は抽象的な政策提示しかしないのに、しかも景気対策の財源を明確にしないのに、所信表明演説の場において民主党に具体的な政策・財源の提示を求めるなんて・・・

■それって野党が行う代表質問そのものではないですか。
所信表明演説とは、総理大臣が自らの所信(国政についての方針や重点課題)を表明する場ですよ。
麻生総理、どうされたんですか!?

■ここで簡単に与党と野党の役割について書かせていただきます。
よくテレビを見ていると、コメンテーターの方が
野党は対案を出してほしいですね
なんて言いますよね。

■僕は、これは間違っていると思います。
こういうコメンテーターは、議院内閣制、とりわけ日本における議院内閣制の下での与野党の役割というものを理解しておられません。

■与党というのは政権を握っているわけです。
ですので専門的・技術的能力を有する官僚機構を駆使することができます。
そして、新たに浮かびあがった政策課題についての政策提案を行うことができます。

■一方、野党は、野党であるが故に官僚機構を指揮する資格がありません。
ですので与党に比べて情報収集能力が欠けるところがあり、具体的な政策提案をすることが困難な立場にあります。

■とくに日本のように、官僚と与党が情報をブロックして、野党にはわからないようにしている国では、野党に具体的な対案の提示を求めることはできないんです。
野党に求めるべきものは、対案の提示ではありません。
与党の具体的な提案に対しての、野党の有する政策理念に基づく批判的なチェック機能です。

■まとめますと、
与党 ⇒ 提案・実行をする役割
野党 ⇒ 与党の提案・実行を批判的にチェックする役割

a0029616_2271584.gif(与党) <僕はこういう提案をします。○○という必要性があるからです。

a0029616_2284264.gif(野党) <その案だと、××という問題点がありますよね?そこのところの手当てがないと賛成できません。


■このような与党と野党の役割からすると、今回の麻生太郎総理大臣の所信表明演説は明らかにおかしいです。
麻生総理は所信表明演説において、所信を表明せずに、代表して質問をしているんです。
これでは、与党の役割を放棄したとしか思えません。
麻生さんは早々と自民党の野党転落を決意されたのでしょうか?

■先日、何人かの自民党支持者の方にお話を伺う機会がありました。
そのとき、その方々はこのように仰っていました。
今回は民主党に投票するよ。自民党にはお灸をすえなければならない。民主党には不満があるが、一度任せてみようと思う


この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-09-30 02:42 | 政治・経済に一言
<< 日教組と学力との関係はなし -... マジックが再点灯!残りあと9試... >>