「引っ越し!引っ越し!さっさと引っ越し!」 - 首相公邸の意味ってなんだろう?
a0029616_17393.jpg

麻生首相、公邸への引っ越しは「選挙が終わってからだ」(読売新聞)

■麻生太郎総理よ、これはいかんですなぁ。
いかんですよ、これは。
首相たる者はね、総理就任後すぐに首相公邸に住んでもらわないと、日本国民としては困るんですよ。

「選挙が終わってからだ」だって?
それじゃ遅いですよ。
いつ解散総選挙するかまだ決まっていないんでしょ?
それじゃ困る。

■この点は青山繁晴さんがつとに指摘されていることですが、首相公邸ってのは単なる首相の住む場所というわけではないんですよ。
それなりの・・・っていうか、とても重大な意味があるんですよ。




■首相公邸ってのは、造るのに全体で900億円あまりもかかっているんです。
「なんでそんなに多額のお金をかけるんだよ!」と思われるかもしれません。
でも、それには重大な理由があるんです。

■それは、地震が起きようが、ミサイルが飛んで来ようが、9.11のようなテロが起きようが、何が起きようが、総理大臣が公邸の中で的確な指揮をとることができるようにするためです。
緊急事態のときに、首相が指揮官として素早くリーダーシップを発揮できるようにするためなんです。

■地震やテロなんてものはいつ発生するかわからん。
突然に発生します。
首相ってのは、365日24時間どういうときでも、通信システム等を利用して的確な指示を出さなければならないんです。
これは首相の職務なんです。

■首相公邸ってのは最新の設備を導入していて、いつでも的確に危機に対応できるようにしてあるんです。
耐震構造もしっかりとしていて、ちょっとやそっとで壊れないようにしてあるんですよ。
単なるバカデッカイ建物ではないんです。
重大な意味があるんですよ。

■麻生総理は「麻生はやり抜く!」なんて意気込んでおられますが、それは口だけなんでしょうか?
今のところ、日本の内閣総理大臣は、麻生さん、あなたなんですよ。
日本国民を危機から守る責任の所在はすべて内閣総理大臣である麻生さんにあるのです。

■そのことをきちんと認識していただきたい。
公邸への引っ越しは「選挙が終わってからだ」だって?!
何を悠長なことを言っているんだよ!
引っ越し!引っ越し!さっさと引っ越し!

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-10-01 01:18 | 政治・経済に一言
<< 「野党への資料提出、自民に相談... 日教組と学力との関係はなし -... >>