東国原英夫知事は、宮崎県知事の仕事を続けるべきです+橋下知事の的外れ発言
a0029616_15535039.jpg

宮崎1区 東国原氏擁立論 “そのまんま知事でいて” 県民は反対一色 「県政混乱」「投げ出すな」(西日本新聞)

■そりゃそうでしょうね。
東国原英夫知事は宮崎県知事になって、まだ2年も経っていないんですよ。
宮崎県の改革が、わずか2年足らずでできるわけがありません。
一般には、2期8年でようやく県政の改革ができると言われています。

■よくわからないのが、この発言です。
「国政です。地方切り捨ての格差社会にしたのは、国政じゃないですか。自民党ですよ。自民党をどげんかせんといかん」
http://www.asahi.com/politics/update/1004/SEB200810040018.html




■東国原英夫知事が言うとおり、地方を切り捨て、地方を崩壊に追い込んだのは自民党です。
個人の自立を支える郷土(パトリ)を、自民党は空洞化させました。
例えば、商店街。
地方の商店街の多くは「シャッター通り」と化しています。

■今も基本的には、自民党は、中央集権的な政策を推し進める政党です。
自民党は「道州制の実現」を一応は主張しているようですが、中央官僚との癒着関係にある自民党には実現できないでしょう(実現できたとしても形だけのものになるであろう)。

■であるならば、東国原知事は、野党あるいは無所属で立候補するのが筋ではないでしょうか。
なぜ東国原知事は「地方の敵」である自民党から出馬されようとするのでしょうか?
全く矛盾しています。

■東国原知事はこのように言います。
「九州の中でも社会資本整備や経済面で遅れている宮崎から国政、大臣などを担う人材が出ないことは宮崎にとってマイナス」
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=11560&catid=74&blogid=13
なんですか?この発言は。
これじゃ、地元へ利益を誘導する利益誘導型の国会議員になると言っているようなものです。

■国会議員は、全国民の利益のために仕事をしてもらわないと困ります。
宮崎県という特定の県のために仕事をするなんてことは許されません。
東国原英夫知事が、知事の郷土である宮崎県の利益を重視し、「宮崎をどげんかせんといかん」と思いを今もお持ちであるのならば、宮崎県知事の仕事を続けるべきです。

【追記】
大阪府の橋下徹知事が、まったく的外れのエールを東国原知事に送りました。
 大阪府の橋下徹知事は5日、次期衆院選で宮崎県の東国原英夫知事を擁立する動きがあることについて、「県民のみなさんが後押しするならぜひ。東国原知事も地元のために必死ですから。宮崎のためになるならがんばってほしい」と報道陣に語った。
 橋下知事は「宮崎のため、国のためにプラスなら辞めることは全然問題ない」と任期途中の転身にも理解を示した。民主党の鳩山由紀夫幹事長が4日の記者会見で「1期目で投げてしまうような知事なら、県民は評価しない」と述べたことについては、「任期を全うしても成果がでなければ意味はない。役人っぽい牽制(けんせい)の仕方」と批判した。
http://www.asahi.com/politics/update/1005/OSK200810050042.html

「任期を全うしても成果がでなければ意味はない。」って・・・。ということは、東国原知事はこれから任期を全うしても何ら成果が出すことができないということなんですか?東国原知事に対して失礼ですね。
「役人っぽい牽制(けんせい)の仕方」って・・・。あのぅ橋下さん、意味不明です。浅はかな橋下知事のエールの方がよっぽど「役人っぽい」です。
そもそも国会議員というのは、どこの地域から選出されようが全国民の利益のために職務を行うべき義務があるのです。たとえば、○○県と××県との利害の対立があるとき、たとえ議員が○○県選出の議員であっても、全国民的な観点からすれば××県の利益を優先させるべきときは××県の利益を優先させる政策を実行するべき義務が国会議員にあるのです。ですので、「宮崎のために」国会議員になるなんて絶対にやめていただきたい。日本国民として甚だ迷惑です。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-10-05 16:17 | 政治・経済に一言
<< 訃報 緒形拳さん - ご冥福を... 麻生太郎総理は議会制民主主義を... >>