【阪神タイガース監督問題】僕は次期監督としてこの人を推したい
a0029616_2283284.jpg

■熱狂的な阪神ファンとして、最も恐れること。
それは、この監督交代を契機として、昔の弱い時代の阪神タイガースに戻ってしまうということです。
これは是が非でも避けなくてはなりません。

■暗黒時代の苦しみを幾度となく味わった僕としては、あの時代には絶対戻りたくありません
応援しても応援しても負け続ける苦しみ。
投手は、ファーボールを連発し、たまにストライクを投げると打たれる。
打者は、凡打の山。点が取れない。

■ここ最近は、優勝争いをするようになりました。
では、なぜ阪神は「暗黒時代」から脱却し、優勝争いを毎年するほど強くなったのか。
改めて言うまでもありません。
簡単にいえば、知将・野村克也が種をまき、それを闘将・星野仙一が育てたからです。

■日本を代表する名監督の2人から薫陶を受けた選手たち、コーチたちが、今の強いタイガースを支えているわけです。
であるならば、次期監督候補は絞られます。
知将と闘将から教えを受けたコーチたちです。

■具体的には、木戸克彦、平田勝男、和田豊、広沢克実の4人の名前が挙げられます。
木戸克彦 1軍作戦兼バッテリーコーチ
平田勝男 2軍監督
和田豊 1軍内野守備走塁コーチ
広沢克実 1軍打撃コーチ

■僕は、木戸克彦を推したいと思います。
野村監督の緻密な野球理論、星野監督の統率力、どちらについても最も兼ね備えているが木戸克彦であると思うからです。
木戸克彦なら今の「常勝・阪神タイガース」を継承してくれることでしょう。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-10-15 02:29 | 我が阪神タイガースを語る
<< 【アメリカ大統領選】オバマがど... え!?「選挙より景気」だって?... >>