【阪神タイガース】「真弓-木戸体制」で来年こそ優勝だ!
a0029616_0274724.jpg

“参謀役”木戸ヘッド起用構想固まる(デイリースポーツ)

■最初、「真弓明信氏、監督就任確実」との報を聞いたとき、「ゲッ!真弓かよ!木戸じゃねぇのかよ!」と思ってしまいました。
野村克也監督の薫陶を受けた木戸克彦さんが次期監督に就任することが今の「強い阪神」を維持するうえで最も望ましいことであると考えたからです。

■再び昔の「弱い阪神」に戻ってしまうのではないかとの危惧を抱いていたところの、このニュース。
どうやらヘッドコーチすなわち「参謀役」に木戸克彦さんが就任する運びになるようで、ひと安心しました。
真弓-木戸体制ならば、星野-島野体制に匹敵する活躍をしてくれることでしょう。

■デイリーの記事によれば、和田豊さんが打撃コーチに就任することになるそうです。
和田さんと言えば、配球を読んだり相手投手のくせを見抜いたりする能力に長けておられることで有名な方です。
もちろん卓越した打撃理論もお持ちです。

■後半戦、阪神が突如として失速し優勝を逃した原因は、打撃陣の不調にあると思います。
骨折をした新井の穴を埋める若手が登場しなかったことも大きな原因です。
和田新打撃コーチには、シーズンを通じてのレギュラークラスの選手の調子の維持、そして伸び悩んでいる若手野手(特に桜井広大)のレベルアップを期待したいです。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-10-19 00:29 | 我が阪神タイガースを語る
<< 【阪神タイガース】東海大相模の... 【アメリカ大統領選】オバマがど... >>