金融機能強化法 - 新銀行東京は対象外にするべきだぜ!
a0029616_2181697.jpg

■アメリカ発の金融危機。
新聞などでは「アメリカ型の資本主義が曲がり角に来ている」との論調が目立ちます。
グローバル化のなか、日本もその影響を受け、株価は下落傾向にあります。

■株価の下落に伴う含み益の減少。
これが、銀行の自己資本の不足を招きます。
そのために、てんやわんやの銀行は貸し渋りをはじめました。

■それで困るのは中小企業。
銀行に融資をしてもらわないとやっていけません。
中小企業の倒産件数は増加傾向にあるそうです。

■これを何とかするため、政府・自民党は金融機関に公的資金を注入できるようにしています。
金融機能強化法です。
ところが、これには見過ごせない問題があるのです。



新銀行東京という銀行があります。
2005年、石原慎太郎都知事の肝いりで設立された新銀行東京。
貸し渋りに悩む中小企業を支援する目的で設立されました。

■ところが、この新銀行東京。
あまりにもズサンな融資、どんぶり勘定で、ナナナント!累積赤字が1千億円に達しました。
暴力団に大量の資金が流れたという話もあります。
先日、逮捕者が出ました(詐欺容疑)。

■都議会議員や国会議員などの政治家による口利き疑惑もあります。
500件以上にのぼるそうです。
石原慎太郎都知事のご子息である石原伸晃さんにもその疑惑があるそうです。

■この新銀行東京。
金融機能強化法が成立すれば、この新銀行東京に対しても公的資金が注入されるおそれがあります。
公的資金とは、私たちが納めた税金です。

■成立する金融機能強化法のもとで公的資金が注入されても、金融機関の経営責任が問われることはありません。
お咎めなしです。
んな、アホな!
あまりにも国民をバカにした話です。

■新銀行東京は、公的資金注入の対象から外すべきではないでしょうか。
こんな銀行は、もう必要がありません。
清算の道を選択するべきだと思います。

【追記】
民主党が修正要求した結果、「経営が悪化した金融機関の経営責任明確化」が合意されました。ただし新銀行東京を清算するべきとの結論には変わりはありません。

わかりやすい!「衆院選・対立軸マップ」

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-10-30 02:19 | 政治・経済に一言
<< 阪神タイガース、ドラフト1位を... 【ドラフト2008】阪神タイガ... >>