真弓阪神の補強ポイントはこれだぜ! - これで優勝確実!?
a0029616_1124655.jpg

阪神補強戦略修正へ、FA残るは三浦(日刊スポーツ)

■来シーズンに向けての阪神タイガースの補強のポイント。
それは、バッテリーと言われています。
捕手と投手です。

■捕手については、今シーズンは、先発投手によって矢野輝弘選手野口寿浩選手という二人の捕手を使い分けるという起用をしました。
岩田稔投手や上園啓史投手などについては野口、それ以外については矢野、という具合に。




■まあまあ、うまい具合に機能したと思います。
ただし二人ともベテラン選手。
二人の年齢を考えると、そろそろ後継者となるべき捕手が出現することが待たれます。

■その筆頭として名前が挙がるのは狩野恵輔選手
ところが、今シーズンは伸び悩みました。
したがってFAでの補強が検討されます。

■FAでの獲得を狙っていたのが、千葉ロッテの橋本将捕手
先日、FA宣言をしないことが明らかになりました。
戦略の見直しが必要となります。

■投手については、先発を担える投手の補強が必要です。
中継ぎ投手や抑えの投手については、他の球団が羨む投手がそろっています。
来シーズンも期待ができるでしょう(ジェフ・ウイリアムスが少し不安ですが)。

久保田智之投手阿部健太投手江草仁貴投手の先発転向が噂されています。
しかし、これらの投手を先発に転向させると、当然ながら今度は中継ぎ投手が手薄になってしまいます。
となると考えられるのが、捕手と同様、FAでの補強。
具体的には、横浜の「番長」三浦大輔投手、ロッテの清水直行投手の名前が挙げられます。

■残念ながら、清水投手については千葉ロッテ残留が濃厚になってきました。
となりますと、三浦投手を是が非でも獲得する必要があります。
しかし横浜がエースを簡単に手放すとは思えません。

■横浜は投手が手薄なチーム。
強力な打撃陣を擁するにもかかわらず、今シーズン最下位に甘んじたのは投手力の低さが原因です。
にもかかわらず、横浜は先日行われたドラフト一巡目で、外野手の松本啓二朗選手を獲得しました。
これは横浜が、三浦残留にかなりの自信を持っている証拠ではないでしょうか。

■こういうトレード話が浮上しています。
日本ハムが阪神・今岡獲得に向けて調査(デイリースポーツ)
今岡誠選手の交換要員は、マイケル中村投手とのことです。
日本ハムの守護神であるマイケル中村投手です。

■もしマイケル中村投手を獲得できれば、阪神の中継ぎ、抑えはさらに盤石となります。
安心して久保田智之投手や阿部健太投手、江草仁貴投手を先発転向させられます。
真弓阪神一年目。
来季に向けて多様な方向からの戦略を考える必要があります。

わかりやすい!「衆院選・対立軸マップ」

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2008-11-05 01:19 | 我が阪神タイガースを語る
<< 【小室哲哉容疑者】事件の真相を... 阪神タイガースのドラ1は奈良産... >>