【スマイリーキクチ、ブログ炎上事件】 嘘か本当かを見抜こうぜ!
a0029616_224199.jpg

スマイリー、ブログ炎上で18人立件へ

スマイリーキクチさんっていうお笑い芸人さんがいることを今回の事件で初めて知りました。
とんだ災難でしたね。

■僕はかれこれインターネットをはじめて10年くらいになると思うんですけど、あの偽情報がネット上で流れていることを全く知りませんでした。
有名な話だったんでしょうか?

■学校教育において、情報が嘘か本当かを見分ける能力を身につける教育をしっかりと行うべきですね。
と同時に、ネット上での書き込みが場合によっては犯罪を構成する可能性があることをきちんと理解させるべきです。

■考えてみれば怖いことです。
ネット上の情報を簡単に鵜呑みにしてしまう人がたくさんいることがわかりました。
インターネットがプロパガンダに利用される危険性があります。

■一人で寂しい生活をしている人が世の中にはたくさんいます。
疎外感や孤独感に苛まれる個人。
こんな人は簡単に情報操作に引っかかっちゃう。
動員されちゃう。

■インターネット、特に「2ちゃんねる」などの匿名の掲示板は出所が不明な信頼できない情報がたくさん書き込まれています。
書いた人が特定できない匿名の掲示板の情報はあまり信用しないことが必要です。

■民主主義。
場合によっては、これは右翼のファシズムや左翼の共産主義といった全体主義に移行してしまう危険性があることを、私たちは忘れないようにしなければならないと思います。

【追記】ネットの情報を簡単に鵜呑みにしてしまう背景に、新聞やテレビに対する不信があるのかもしれませんね。記者クラブ制の下での談合や「記事審」によるねつ造の問題など、新聞やテレビには不信を生む問題がたくさんあります。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-02-09 02:49 | 犯罪・刑罰・裁判
<< 本を19冊買った 「丹後がに饅頭」を食べたよ >>