2009年度プロ野球セパ順位予想

【パ・リーグ】
 
一位 オリックスバッファローズ
破壊力抜群の打撃陣は凄まじい。「10勝カルテット」は今年も期待できそう。

二位 東北楽天イーグルス
野村監督最後の年。抑え投手に不安はあるが優勝可能な戦力は整った。集大成の一年となろう。

三位 埼玉西武ライオンズ
投手陣、特に中継ぎ投手陣に不安がある。しかし俊足好打の打線は今年も健在だ。

四位 北海道日本ハムファイターズ
打撃陣に相変わらず不安が付きまとう。

五位 千葉ロッテマリーンズ
井口の加入により打線に厚みを増した。新外国人が頑張れば上位に食い込める。

六位 福岡ソフトバンクホークス
投手陣に故障者が多い。打線にも不安が。

【セ・リーグ】

一位 読売ジャイアンツ
隙がない戦力。穴があるとしたら先発投手陣か。

二位 阪神タイガース
開幕前の故障者は多いが、選手層は厚い。新外国人のメンチがカギを握る。

三位 広島東洋カープ
新球場元年。投手陣はコマがそろった。あとは機動力を生かして得点することができるかどうかだ。

四位 東京ヤクルトスワローズ
こちらも機動力で勝負だ。由規の成長に期待。

五位 中日ドラゴンズ
若手野手がどれだけ伸びるか。故障さえなければ野本は新人王になるだろう。

六位 横浜ベイスターズ
投手力が弱すぎる。なぜドラフトで投手を獲得しなかったのか。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-04-03 00:48 | スポーツ大好き
<< 宮崎哲弥が選ぶ2009年新書ベ... 理解に苦しむこの時期の小沢一郎... >>