北朝鮮ミサイル問題 - 敵基地攻撃能力を保有しよう
a0029616_2485698.jpg

北朝鮮がミサイルを発射した」
政府はこのような誤報を流した。
午前と午後の2回も。

の誤報が海外メディアで大きく報道されたという。
要するに、世界に恥をさらしたわけだ。
総理大臣がブレまくりあの人だから、さもありなんって感じか。

回、北朝鮮が発射をしようとしているのはテポドン2の改良型
長距離弾道ミサイル。
アメリカ向けだ。
日本にとっては直接的にはあんまり関係ない。

本にとって脅威になるのはむしろノドンだ。
聞くところによると、ノドンに核弾頭を搭載できるようになったという。
これは日本の安全保障上、非常に憂慮するべき事態だ。

本ではこのノドンの脅威に対して2段構えのミサイル防衛システムが完備されている。
PAC3とSM3である。
しかし鴻池官房副長官が指摘しているとおり、これにより100%安心とまでは言えない。
多数のミサイルを同時に撃ち込まれた日にゃどうしようもない。

はどうするべきか。
敵基地攻撃能力の保有をするしかあるまい。
北朝鮮がミサイルを発射する兆候を見せた段階でミサイル発射基地を攻撃する能力を持つわけだ。
これは自衛権の範囲内であり、憲法上何ら問題はない。

かしこの能力の保有はすぐにできるわけではない。
整備と訓練などに費用と時間を要するからだ。
まず必要になってくるのは、移動する発射台の位置などを正確に把握する能力である。
レーダーを搭載した多数の衛星を打ち上げ監視することにより情報を収集分析する必要がある。

れだけではない。
北朝鮮のレーダーの妨害能力、防空能力を破壊する能力。
これらも必要となってくる。
敵基地攻撃能力の保有は一朝一夕にできることではないのである。

なると一体どうすりゃいいの。
しばらくの間は日米同盟による抑止力に期待するしかない。
要するに、アメリカ様にお願いするのである。
今まで自国の防衛について疎かにしてきたツケである。

この記事が面白かった/興味深かったと思った方は→人気blogランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-04-05 02:51 | 国際社会を生き抜く
<< 麻生総理はとてつもない - 「... おもしろ看板 - これでもやり... >>