麻生さん、あんたどこまで「官僚の操り人形」なんだよ! - 国の出先機関改革問題
a0029616_1332185.jpg

いおいおいおい!なんだよ、この体たらくは。
麻生太郎さんよ、あんたヤル気あるのか?
どこまで「官僚の操り人形」なんだよ!

の前、麻生総理は「3年後、消費税率を引き上げる」と明言したよね。
僕も、いずれは消費税増税は避けられないと思う。
でも、それよりまず先にするべきことがあるでしょ。

にやるべきこと。
言わずもがなですね。
そう。
税金の無駄使いを徹底的にやめることです。

生総理も「政府の無駄をなくすことを前提に消費税を増税する」と明言しています。
ところがどっこい。
これは口先だけの話でした。
麻生総理は税金の無駄使いをやめる気はないようです。

日、政府が決定した地方分権改革のスケジュールを示した「工程表」。
焦点は、国の出先機関をどうするか。
これを見ると、ビックリ!

なんと、出先機関の統廃合の具体案や人員の削減数が一切書かれていない。
書いてあるのは「要員規模について精査を進める」などといった抽象的な言葉だけ。
しかも結論を出すのは衆院選後。
これじゃ話になんない!

の出先機関ってね、はっきり言って無駄なんですよ。
だってその多くが地方自治体と重複する仕事をしているんだもの(二重行政)。
しかも国会や住民の監視の目が届かないもんだから、無駄使いがしやすい。
やりたい放題できちゃう。

方のことは地方に任せればいいんですよ。
地方にはそれぞれ特色ってもんがあるんだから。
橋下知事風に言えば、いろんながある。
選好や欲求が、地域によってそれぞれ違うんですよ。

の出先機関なんかね、地方自治体に権限、財源、人員を渡したあとは廃止しちゃうべきです。
これで税金の無駄使いが減ります。
でも麻生総理にはその気はないようです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-04-11 01:37 | 政治・経済に一言
<< 橋下徹知事が政権交代の必要性を... 京都・嵐山の桜 >>