北野誠無期謹慎 - 芸人の発言にいちいち目くじら立てなさんなよ
a0029616_0241180.jpg

Excite エキサイト : 芸能ニュース
北野誠 タレント廃業危機!全レギュラー降板へ
 タレントの北野誠(50)がラジオで不適切な発言をしたとして、所属事務所「松竹芸能」が10日までに、処分の検討を始めた。テレビとラジオの全レギュラー番組を順次降板する方向で調整したいと、複数の放送局に申し入れがあったという。レギュラーはテレビ朝日「やじうまプラス」、同局系「探偵!ナイトスクープ」(関西ローカル)、TBS「噂の!東京マガジン」、日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」とラジオ番組(名古屋ローカル)の計5本。
 関西ローカルのラジオ番組「誠のサイキック青年団」(朝日放送)で不適切な発言があったとされ、先月16日の放送で突然、打ち切りとなっていた。同局は理由について明かしていない。北野は同番組で93年にも歌手・山本リンダ(58)のヌード写真集を酷評した後、謝罪会見を開いている。

曽有の大不況。
企業は広告宣伝を手控えるようになりました。
その影響を受けるのが、テレビやラジオなどのメディア。
現在、メディアの広告収入が激減していると聞きます(構造的な影響も多分にある)。

なると、相対的に影響力を持つことになる団体があらわれます。
不況下においても潤沢な資金を保有し、スポンサーになってくれる団体です。
メディアはその団体に頭が上がりません。

ディアは容易にその団体の圧力に屈することになります。
芸能事務所も同様です。

誉棄損の賠償額の上昇の問題もあるでしょう。
2001年を境にして賠償額の上昇傾向が加速しています。
以前に比べて一桁上がりました。

ちろんそれにより個人・法人の名誉権が尊重されることにつながることでしょう。
しかし一方で、訴えられることを恐れて、許される範囲内の言論さえも控えることになってしまいます。
自由な言論に対しての萎縮効果が懸念されるわけです。

野誠さんがどのような発言をし、いかなる団体から圧力を受けたのか知りません。
いずれにせよ、「無期限謹慎」の処分が解かれる日が早く来ることを僕は待ち望んでいます。
「サイキック青年団」をときどき聴いていたリスナーとして。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-04-13 00:23 | 芸能レポート
<< ジェン、蕭、小嶋が二軍で好投 ... 橋下徹知事が政権交代の必要性を... >>