小沢問題から見えるマスコミの実態 - 「御用マスコミ」「反日マスコミ」なんていらない!
a0029616_13345411.jpg

入り禁止。
マスコミ、いやマスゴミが最も恐れる事態がこの「出入り禁止」です。
「出入り禁止」になると、官公庁や警察、検察などから情報をもらえなくなるからです。

イブドアの強制捜査。
毎日新聞はこれに関して検察を批判しました。
すると、どうなったか。
「出入り禁止」です。

スコミにとって最も恐れる事態が起きたのです。
出入り禁止になると、情報が入ってきません。
記事が書けません。

くの国民は誤解しています。
マスコミは自分たちの足で取材した情報を報じている(調査報道)のだと誤解しています。
これは誤った認識だというべきです。

態は、官公庁や警察などの発表を、主体的に分析、取捨選択することなくそのまま横流ししているにすぎないのです。
官公庁や警察、検察などが発表する情報を検証なしにそのまま垂れ流しているんです。
いわゆる「発表報道」といわれるやつです。

沢一郎秘書の逮捕について、識者の間では検察批判が巻き上がっています。
「自民党の議員には手を付けず、なぜ小沢の秘書だけを逮捕起訴したのか」
「そもそも本当に小沢秘書の会計処理が政治資金規正法に反するものなのか」
「なぜ総選挙が間近のこの時期に逮捕起訴に踏み切ったのか」
「民主党が検討している公務員改革を阻止するために逮捕起訴したのではないのか」

かしマスコミ(特に新聞やテレビなど)はこの識者の方々の検察批判をあまり報じません。
なぜなら、検察を批判すると「出入り禁止」になっちゃうからです
検察から情報をいただくことができません。
商売あがったりになっちゃいます。

日、東京地検の特捜部長は、司法記者クラブの番記者と懇親の飲み会を開いたそうです。
おそらくこの場で記者たちに釘を刺したのでしょう。
「おまえら、検察批判をしようものなら、どうなるかわかってるな!」

スコミには本来、権力を監視する役割があります。
濫用されると国民の権利・自由が脅かされるおそれがある国家権力を監視する役割がマスコミにはあるはずなんです。
ところが、その実態は・・・
情けない限りです。
これが「御用マスコミ」あるいは「反日マスコミ」といわれる所以です。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-05-12 13:47 | 政治・経済に一言
<< 民主党代表選挙 - 政権交代は... 次の民主党代表は誰になるんだろう? >>