またまた麻生総理がブレちゃいました - 厚労省分割問題
a0029616_032274.jpg

たまた麻生総理がブレちゃいました
厚労省分割問題。
麻生総理は分割を見送る考えを示しました。

ぜ麻生総理はいつもいつもブレまくるのか。
それは、結局、議員や官僚にナメられているからなんですよ。
「麻生の言うことなんて聞かねぇよ」となっちゃうからなんです。

は何でそうなっちゃうのか。
それは、麻生内閣に民主的正統性がないからです。
選挙による洗礼を受けていないから。

の衆院の議席は、いわゆる「郵政選挙」のものです。
郵政民営化を唯一の争点にして戦われた選挙の結果です。
熱狂の中で行われた9.11選挙。

ころがその唯一の争点であった民営化は成し遂げられました。
そして、今は、年金やら消費税やら天下りやら別の争点がたくさん浮上してきています。

分の考える政治理念に基づく政策を実現したい。
もし麻生総理がそのように考えるのならば、ここはすぐに衆議院を解散して、民意を問うべきです。
そして過半数の議席を獲得して、「民意は麻生内閣を支持したのだ!」と高らかに主張するべきです(注)

うすれば、議員や官僚は麻生総理をナメるようなまねはしません。
「麻生総理の言うとおりでございます」となることでしょう。
麻生総理の背後に、国民の支持という「錦の御旗」があるからです。

(注)もちろん解散総選挙をした結果、自民党が負けることも考えられるでしょう。しかしそうなったとしても、それはそれでいいじゃないですか。長期政権の結果、身動きできないほど強固に作られたしがらみ(利権構造)を取り去るチャンスになるのだから。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-05-31 00:33 | 政治・経済に一言
<< 尼崎市議選の投票日は6月7日だ... 右翼と左翼は同じなんですよ >>