小池白アリ論 - 「次は自民党が潰れる番だ」
池百合子が所属する政党は崩壊する。
こういう法則がありますよね。
小池白アリ理論と言うそうです。

平野 自民党にとって白アリは小池百合子さんです。そして公明党は覚醒剤のような役割です。
筆坂 覚醒剤というのは、一時は良い気持ちになるが、身体が奥深くから蝕まれるということですか。
村上 小池白アリ論というのは、どういうこと?
平野 日本新党、新進党、自由党、保守党。彼女が渡り歩いた政党で残っている政党がありますか? みんな朽ち果てていった。
村上 たしかにみんな潰れてるね。安倍内閣も白アリに蝕まれた部分もあるね。
筆坂 そうすると、次は自民党が潰される番だ。
(『自民党はなぜ潰れないのか』村上正邦、平野貞夫、筆坂秀世著)

坂秀世さんが仰っているように「次は自民党が潰される番」のようですね(笑)
最近の自民党はあまりにひどくて目も当てられない状態だ。
さよなら、自民党。

しまかり間違って小池さんが日本の総理大臣になってしまったら、日本はどうなっちゃうんだろう?
白アリ・小池総理に日本は潰されちゃうのか・・・
それは困ります。
小池さんにはぜひ北朝鮮に行ってもらって金正日の後継者になってもらい、北朝鮮を潰してもらいたいものです。

あ、それはともかく。
自民党は、まさしく崩壊する組織の典型的な過程を辿っていますね。
公然とメンバーがトップの交代を求めて行動(「麻生降ろし」)。
ところが無能なトップはそれを制御できず右往左往。
ただ立ち尽くすだけ。

生さんってのは権力闘争を勝ち抜いてきたわけではないし、政策が支持されたというわけではない。
国民的人気があるらしいということで「選挙の顔」として総裁に選ばれたわけです。
ところが唯一の取り柄であった国民的人気がなくなっちゃった(もともとそんなに人気がなかったという説もある)。

ともと自民党という政党は、ローカルな権益を持つ人たちが集まった政党です。
彼らは風向きを見ながら自分の利権に従って行動します。
ですので、自民党にはもう先がないとわかると、てんでバラバラに行動するようになります。
自民党は崩壊の一途を辿っているわけです。

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-07-17 01:08 | 政治・経済に一言
<< 田中康夫氏が出馬会見 ― 「日... 田中康夫VS冬柴鉄三 - 兵庫... >>