田中康夫さんが阪急塚口駅前で演説 - さあ、「尼崎ドリーム」の実現を。
っと衆議院総選挙の公示になりましたね。
長年の自民党政権よって疲弊した国土を蘇らせるべく、何としてでも政権交代を実現しなければなりません。
そして包摂的で相互扶助的な社会、つまり何があろうとも人々が路頭に迷わずに生きていける社会を作る必要があります。

民党は「日本を守る、責任力」という言葉をキャッチフレーズにして選挙戦を戦うようです。
笑わせますな。
正確にはこう言うべきでしょう。
「国賊・自民党から日本を守る、政権交代力!」

て8月18日の夕刻。
兵庫8区(尼崎市)から出馬した新党日本代表の田中康夫さんが阪急塚口駅前で演説をしました。
兵庫8区と言えば、公明党の冬柴鉄三さんのお膝元。

柴さんと言えば、国土交通大臣時代に「官僚の操り人形」として大活躍されたお方として有名ですね。
あまりの「官僚の操り人形」ぶりに、身内である公明党の議員からも批判を受けるという事態を招いたことは記憶に新しいところです。

a0029616_0552074.jpg
阪急塚口駅前で演説する田中康夫さん。たくさんの人が集まった。「ほうれんそう通信」の丸尾まきさんも来られていました。
a0029616_0553331.jpg
演説終了後にマニフェストを配る田中康夫さん。握手攻めにあう。

新党日本

人気ブログランキングへ
[PR]
by asatte_no_houkou | 2009-08-19 01:41 | 政治・経済に一言
<< 総選挙の課題は「任せる政治から... 田中康夫氏やっと事務所開き!尼... >>